このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 環境グランドデザインの達成状況
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

2016年度における取り組みについて

Environmental Grand Design 環境グランドデザインの達成状況

電力使用量削減

NTT西日本グループの2016年度における電力使用量については、2015年度に比べ約9,000万kWh削減しています。これにより、GHG総排出量も2015年度に比べ、14.0万t-CO2eを削減しています。これは杉の木約1,000万本が1年間に吸収できる量です。

電力使用量の推移
CO2総排出量・電力使用量の推移
GHG総排出量の推移
電力使用量の推移
  • (注)NTT西日本グループが各電気事業者ごとに使用している電力量に応じて、各電気事業者が毎年公表している排出係数を加重平均した値です。

紙使用量削減

NTT西日本グループで使用する紙には電話帳、請求書、事務用紙、電報があります。2016年度の総使用量は1.72万t(※)で、内訳は電話帳1.39万t、請求書0.17万t、事務用紙0.13万t、電報0.03万tです。
ペーパーレス会議の徹底や社内利用用紙のシステム化による徹底的な削減などを進めるとともに、お客さまのご協力を得ながら、請求書の有料化などにより紙使用量の抑制を行っていきます。

紙総使用量
紙総使用量
一人あたりの事務用紙使用枚数
一人あたりの事務用紙使用枚数

廃棄物最終処分率低減

NTT西日本グループで排出する廃棄物には、撤去通信設備廃棄物、土木工事廃棄物、建築工事廃棄物、オフィス廃棄物があります。 2016年度の廃棄物の最終処分率は0.7%で2012年度から5年連続でゼロエミッションを達成しました。内訳としては、撤去通信設備廃棄物の最終処分率0.01%、土木工事廃棄物の最終処分率0.9%、建築工事廃棄物の最終処分率1.2%、オフィス廃棄物の最終処分率0.6%となっています。

廃棄物最終処分率
廃棄物最終処分率

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献

ページの先頭へ