このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 11 大阪堺共生の森 外来樹除伐
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 11 大阪堺共生の森 外来樹除伐

LINE 11 大阪堺共生の森 外来樹除伐/2012.11.25 NTT西日本 本社

大阪都市圏の自然環境保全活動、里山保全活動、自然保護普及啓発などを行う公益社団法人「ネイチャーおおさか」さんの協力のもと、大阪堺共生の森の侵略外来種になっているトウネズミモチの除伐を行いしました。

鳥などが、運んできた種により、大きな木に育っているのもあります。その木の中には、要注意外来生物に指定されているものがあります。そのままにしておくと、また実をつけ、鳥に運ばれ、周りの山などにも侵略してしまい、地域の元の姿を侵してしまいす。11月25日昼から、20名で、トウネズミモチという要注意外来樹木を、除伐しました。参加されたみなさんの作業が早く、20本くらいあったトウネズミモチがあっという間に全部除伐し、細かく切り刻まれました。

参加人数
20名
活動場所
大阪府堺市

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献