ここから本文です。

ホーム > 企業情報 > CSRの取り組み

CSRの取り組み

NTTグループが考えるCSR

 これまでNTT西日本グループは、「コンプライアンスの徹底」、「安心・安全な社会づくり」、「事業を通じた価値創造」をCSR活動の3本柱として各種施策に取り組んできたところですが、NTT西日本グループが提供するICTが社会の課題解決に重要な役割を担っているという考えのもと、SDGs(持続可能な開発目標)の動向も踏まえた上で、2017年にCSR活動方針の見直しを行いました。具体的には、「人・モノ・地域がつながる安心・安全な社会づくり」、「イノベーションの創出による豊かな社会づくり」、「環境と共生した社会づくり」、「いきいきと輝く社会づくり」、「コンプライアンスの徹底」の5つのCSRテーマと、これに基づくCSR重点活動項目を設定し、CSR経営を推進していくこととしました。

 この新たなCSR活動方針は、NTT西日本グループが「社会の課題解決に貢献する企業」をめざす上での指針となるものであり、グループの事業活動の根幹をなす「西日本スピリッツ」および「NTTグループCSR憲章」に基づいています。

NTT西日本グループ CSR活動方針 社会の課題解決に貢献する企業へ 人と社会と地球がつながる安心・安全で豊かな地域社会の実現 SDGs 人・モノ・地域がつながる安心・安全な社会づくり イノベーションの創出による豊かな社会づくり 環境と共生した社会づくり いきいきと輝く社会づくり コンプライアンスの徹底

ページの先頭へ