このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  企業情報  NTT西日本グループのサステナビリティ  NTT西日本グループのサステナビリティ活動の考え方

Sustainability ManagementNTT西日本グループの
サステナビリティ活動
の考え方

NTT西日本グループは、コーポレートスローガン「あしたへーwith you,with ICT.」を掲げ、ワクワクする未来をめざし、ステークホルダーの皆さまとともに挑戦を続けています。

今後、私たちを取り巻く環境の変化はさらに加速することが予想されます。大きく変化する時代の中でも、地域社会やお客さまとともに発展し、成長し続けるため、2021年、NTT西日本グループは新たな存在意義「パーパス」を定めました。私たちは、持続可能な社会の実現に向けて、パーパスで描く「あらゆる人々が幸せで豊かな未来の姿」を追求しつづけます。

このパーパスに基づき、私たちNTT西日本グループは、社会を取り巻く環境変化がもたらすさまざまな課題に対し、ICTを活用し解決する「ソーシャルICTパイオニア(地域のビタミン)」 として社会の発展、SDGsの達成に貢献します。

具体的なサステナビリティ活動については、NTTグループが2021年11月に新たに制定した「NTTグループサステナビリティ憲章」に則り、グループ一体となって取り組んでいきます。

パーパス

NTT西日本グループは、1999年の設立以来、「西日本スピリッツ」をもとに、事業活動を展開してきました。

2021年、経営環境や社員の価値観等の変化を踏まえ、新たな事業運営体制への移行を契機に、「西日本スピリッツ」を再定義しました。新たな「西日本スピリッツ」は、企業・組織・社員として不変/普遍の志を表し、その判断・行動の道標となるように、NTT西日本グループの「パーパス」を定めました。

「パーパス」とは、インターナル/エクスターナル双方のブランディングに通底し、将来にわたって企業・組織と社員が共有する、普遍的な存在意義です。

コーポレートスローガン

ビジョン

“ソーシャルICTパイオニア”をめざして

NTT西日本グループは、社会を取り巻く環境変化がもたらすさまざまな課題に対し、ICTを活用して解決する先駆者(地域のビタミン)として社会の発展、持続的成長(SDGsの達成)に貢献し、地域から愛され、信頼される企業に変革し続けます。

私たちは、持続可能な社会の実現に向けて、ステークホルダーの皆さまとの共生・成長により「ソーシャルICTパイオニア」として地域社会の課題解決に貢献していきます。

NTT西日本グループのビジョン

NTTグループサステナビリティ憲章

NTTグループは、これまでのCSR憲章を再構築し、新たに 「NTTグループサステナビリティ憲章」を制定しました。本憲章に基づき、NTTグループは、高い倫理観と最先端の技術・イノベーションを可能とするIOWN構想の推進をはじめ、「企業としての成長」と「社会課題の解決」を図り持続可能な社会の実現をめざします。

具体的には、3つのテーマ「『自然(地球)』との共生」、「『文化(集団・社会~国)』の共栄」、「『Well-being(幸せ)』の最大化」を設定し、取組みを推進します。

NTT西日本グループも同様に、3つのテーマに沿って社会課題の解決に努めていきます。

NTTグループサステナビリティ憲章の3つのテーマと9つのチャレンジ


NTT西日本グループのサステナビリティ