このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  企業情報  CSRの取り組み  いきいきと輝く社会づくり  健康経営の推進

健康経営の推進

いきいきと輝く社会づくり
CSR重点活動項目

健康経営の推進

基本的な考え方
社員・家族が心身ともに健康で働き続けられる環境づくりを促進しています。

健康経営の推進体制

NTT西日本グループでは、社員が心身ともに健康で、かつ安心して働き続けられる環境をつくり、社員の生産性・モチベーションが向上するようグループ一体で戦略的に取り組んでいます。推進に当たっては本社人事部が推進責任者となり、健康管理センタと連携し、情報の発信や優良施策の展開、健康管理の指導等を実施しています。また、定期健康診断はもとより、希望者には人間ドックの受診機会の提供、生活習慣病対策として40歳以上の生活習慣病者に対しては、特定保健指導を実施しています。こうした取り組みは2018年度より「健康目標」を定め、視える化を図り健康経営を推進しています。

※「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です

健康経営の推進体制

メンタルヘルスケア

メンタルヘルス対策については、厚生労働省が定めた「労働者の心の健康の保持増進のための指針」を踏まえ、積極的に取り組んでいます。「4つのケア」に基づいたセルフケアとして、ストレスチェックを実施するとともにラインケア研修を含めた各種研修の実施や、社内外の医療スタッフによる健康相談窓口を設け、社内外で相談しやすい環境づくりに努めています。

メンタルヘルス対策推進体制イメージ