このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  企業情報  NTT西日本グループのCSR・SDGsの取組み  いきいきと輝く社会づくり  社会貢献活動の推進  地域社会

地域社会

いきいきと輝く社会づくり

地域社会

地域への社会貢献

NTT西日本グループは、社会と共生する「良き企業市民」として祭りや伝統行事等の地域に根ざした活動に積極的・継続的に参加し、地域社会との絆をつなぎます。

社員食堂から食の不均衡解消に貢献

2020年7月から、NTT西日本本社ビル等の食堂に「TABLE FOR TWO」(TFT)を導入しました。TFTとはNPO法人「TABLE FOR TWO International」が取り組む「飢餓や栄養不足に悩む途上国と肥満や生活習慣病に悩む先進国のそれぞれの社会的問題を同時に解消しよう」とする社会貢献プログラムです。指定のヘルシーメニューを注文すると、その代金から1食につき20円がアジア、アフリカの開発途上国の子どもたちに届けられるしくみです。また、カロリーを抑えたヘルシーメニューはメタボリックシンドロームや生活習慣病の予防に効果があります。世界規模で起きている食の不均衡の解消に寄与するのみならず、社員の健康保全も見込めます。

エコキャップ運動を推進

NTT西日本では、各支店が主体的に、NPO法人エコキャップ推進協会が提唱する「エコキャップ運動」に取り組んでいます。この運動は、社員が集めたペットボトルのキャップをリサイクル業者に提供し、売却益をNPO法人「世界の子供にワクチンを 日本委員会」に寄付して途上国の子どもたちのワクチン接種に役立てる活動で、廃棄されたキャップの焼却時に生じるGHG削減にも寄与します。たとえば東海エリアでは、2010年に名古屋支店・上前津ビルが回収ボックスを設置したことを契機に、いまでは東海各県域の拠点等にまで本運動が広がり、身近な社会貢献活動として定着しつつあります。