このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  企業情報  NTT西日本グループのCSR・SDGsの取組み  環境と共生した社会づくり

環境と共生した社会づくり

環境と共生した社会づくり

私たちは、自らの環境負荷の抑制に努めるとともに、ICTの提供を通じて、地球規模での環境問題の解決に努め、環境と共生した社会づくりに貢献します。

特集 1 SDGs実現に向けた
地域食品資源循環ソリューション

※各記事に関連するおもなSDGsのアイコンを表示しています

食品ロスの削減や食品リサイクル推進が世界的な課題となっている中、NTTフィールドテクノは2019年4月より「楽しい株式会社」と提携して食品リサイクル事業を開始しました。

食品残渣発酵分解装置に取り付けたIoTセンサーで、堆肥等に再利用が可能な発酵分解床の製造工程と回収に最適な時間を管理し、できた分解床を楽しい株式会社のリサイクルセンターに運搬します。収集した製造過程のデータや回収・運搬経路をAIが収集・分析し、移動効率の最適化を可能にします。

堆肥は楽しい株式会社が契約した農家や農協、農業法人に販売します。また、データベースに登録した農家の野菜を小売店・飲食店といった食品関連事業者へ販売する流通仲介も行う等、生産者にも消費者にもメリットがある食品循環資源のリサイクルループを構築します。

今後は、IoT技術とクラウドを連携させる等、NTT西日本グループの情報通信技術を活用して、食品リサイクル事業の効率的な運用を確立することで、リサイクルに努める食品事業者と食品循環資源を活用する農家をつなぐしくみづくりに取組みます。同時に、同様のしくみを全国に展開することで地産地消の拡大と、食品リサイクルがあたり前になる世の中の実現をめざします。

食品リサイクル提供フロー

特集 2 宗像市さま・宗像大社さまと
「持続可能な社会の実現と社会課題の解決」を
テーマに対談

豊かな自然の恩恵を受けた沿海部と山間部を合わせ持ち、古くからその自然を守り継いでいる福岡県宗像市。2017年には「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」がユネスコ世界文化遺産に登録されました。このまちでは“海の鎮守の森”という基本コンセプトを掲げる「宗像国際環境100人会議」の開催等、「世界遺産のあるまちの使命」として地球規模の環境問題に対応し、持続可能な社会の実現に取り組んでいます。

2019年10月8日には、「持続可能な社会の実現と社会課題の解決」をテーマに伊豆美沙子市長、葦津敬之宮司と、NTT西日本の小澤正憲九州事業本部長が意見を交わしました。

宗像大社(辺津宮)

宗像市伊豆 美沙子 市長

世界文化遺産への登録は、国際社会が一丸で海洋環境問題へ対応するという意思の表れととらえています。宗像市は世界遺産のあるまちとして持続可能な社会の実現に貢献し、「海を守る」使命を帯びたのだと背筋が伸びる思いです。ICT等、さまざまな力をお借りして地球のためにできることを真剣に考え、自然豊かな宗像を次世代に受け継いでいきたいと思います。

宗像大社葦津 敬之 宮司

神職と同時に、ライフワークとして自然環境問題にも長年取り組んでおり、100人会議の立ち上げにも携わりました。技術革新はどのような心持ちで取り組むかが重要です。日本は森羅万象、万物に神が宿ると考える多神教の国であるという価値観を胸にイノベーションに取り組むことができれば、環境にやさしい技術が生まれていくのではないでしょうか。

NTT西日本 九州事業本部小澤 正憲 本部長

皆さんのお話をうかがい、100人会議のテーマにもなった「常若(とこわか)」の精神を忘れず、地域社会とともに環境問題に取り組むという使命感が一層強まりました。NTT西日本グループでは、2019年に温室効果ガス排出削減に長期目標を置く等の見直しを行い、より一層社会全体の環境負荷低減への貢献に尽力していきます。

※常若:衰えることなく、常に若々しい様子