このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  企業情報  NTT西日本グループのCSR・SDGsの取組み  事業部の活動紹介  支店の活動紹介

支店の活動紹介

大津市民ヨシ刈り運動(滋賀支店)

2018年1月28日(日)、大津市が主催する「大津市民琵琶湖ヨシ刈り」が大津市雄琴(おごと)で開催され、NTT西日本滋賀グループからは社員やその家族等22名が参加しました

ヨシの群生は、野鳥や魚のすみかとして産卵・生育に欠かせない場所であり、また、水中の窒素やリンを吸収して成長したヨシを刈り取ることは水質浄化につながります。

「大津市民琵琶湖ヨシ刈り」は、冬に刈ることで新芽の成長を促してヨシ群生を保全し、琵琶湖の水質浄化や生態系を維持・保存することを目的に開催されています。

当日は寒波に見舞われ、厳しく冷え込む中での活動となりました。参加者は、足元がぬかるむため泥まみれになりながらも、ヨシを鎌で刈り、束ねてロープで縛る一連の作業に力を合わせて取り組みました。

今回刈り取ったヨシは、「ヨシたいまつ」になります。

これは、琵琶湖の環境保全を呼びかけるとともに水の恵みに感謝を込めて、毎年3月に開催される「びわ湖開き」の夜に、市内5地域の湖岸で一斉に点火される予定です。

NTT西日本滋賀グループでは、今後も地域社会の発展や地球環境の保全・保護に大きく貢献する活動に、地域の皆さまと協力し合いながら積極的に取り組んでいきます。

奉修第509回「西大寺会陽」への参加(岡山支店)

NTT西日本岡山グループは、岡山市東区西大寺中「西大寺観音院」で開催された岡山県最大級のイベント西大寺会陽(えよう)の「地押し・本押し」に参加しました。

西大寺会陽は「宝木(しんぎ)」と呼ばれる守護札を奪い合う行事です。この宝木を授かると福運が得られるといわれており、水垢離となって奪い合ったのが始まりとのこと。また、お祭り名の「会陽」には困難で厳しい冬が過ぎ、やがて陽春を迎えるという吉兆の意味が込められています。

2018年の本行事は2月17日に開催され、午後からの非常に強い寒風が吹き荒れる中、総勢150名の裸衆が肩を組み、他の参加団体とともに春を呼ぶ地元のイベントを大いに盛り上げました。

今後も地域活性に向け、さまざまな交流を図っていきます。

京都マラソン2018のボランティアへの参加(京都支店)

NTT西日本京都グループでは毎年実施される京都マラソンに、2018年も企業ボランティアとして100名が参加いたしました。

今回は約16,000名のランナーが参加。京都グループはマラソンコースの17.6Km地点第6給水所(御園橋北詰)にて給水と、給食(みかん、パン、アメ)の配布等を行い、ランナーをサポートしました。

みかんの皮を向いたり、パンを切ったり、次々と水を求めるランナーに手際よくコップを渡したりと大忙しでしたが、ランナーから感謝の言葉をもらったり反対に声援を送ったりして、大きなパワーをランナーに送ることができました。

今後も地域の一員として街の活性化・市民との交流を図っていきます。

長崎ランタンフェスティバル皇帝パレードに参加しました!(長崎支店)

2018年2月24日、長崎の冬を彩る「ランタンフェスティバル」のメインイベントである「皇帝パレード」が開催され、皇帝御輿の担ぎ手や侍女、旗持ち、武器隊としてNTT西日本長崎グループの社員や家族等、約50名が参加して祭りを大いに盛りあげました。

「ランタンフェスティバル」とは、もともとは長崎在住の華僑の人たちが旧正月を祝う行事である「春節祭」として行なっていたもので、1994年より規模を拡大して実施されており、毎年100万人前後の人出で賑わいます。

今回で22回目の参加となるNTT西日本長崎グループは、皇后役の欅坂46のメンバー長濱ねるさん (長崎出身)が乗る御輿の担ぎ手として、また侍女、旗持ち、武器隊として、きらびやかな衣装を身にまとって出発地点の長崎市中央公園に集合しました。

午後2時過ぎよりスタートしたパレードは、約2時間かけて浜の町アーケードや新地中華街等の市内中心部を、沿道の市民・観光客からの拍手・声援を受けながら歩き通し、午後4時過ぎにメイン会場である湊公園に到着すると全員がステージに上がり、司会者からの紹介を受け一際大きな拍手を浴びました。

2018年もNTT西日本グループ会社をはじめ、NTTファシリティーズ、ドコモCS九州、西部電気等、長崎エリアのグループ企業からの参加協力があり、「ランタンフェスティバル」の盛り上げに大きく貢献することができました。

今後も地域の一員として祭りに積極的に参加し、街の活性化や地域の皆さまとの交流を図っていきます。

神宮寺「お水送り」に参加しました(福井支店)

福井支店では3月2日に若狭地方に春の訪れを告げる伝統神事、若狭神宮寺(小浜市)の「お水送り」に参加しました。この「お水送り」は奈良東大寺二月堂で行われる「お水取り」に先がけて、毎年行われる行事で奈良と若狭が昔から深い関係にあったことを物語る歴史的な行事です。

1日かけて行われるこの行事は悪霊を振り払い、大護摩に火がともされ邪気払いをし、香水を遠敷川に流します。香水は10日後、奈良東大寺の「お水取り」で汲み上げられ、春を迎えることができると言われています。

満月が見え、凍える寒空の中、社員を中心にOBの皆さんも加わり総勢21名が約千人の参加者とともに神事・松明行列に加わりました。参加者全員で「松明」を奉納、NTT西日本グループの「健康・安全」「地域発展」「商売繁盛」を祈願いたしました。

今後も地域の一員として街の活性化・市民との交流を図っていきます。

第62回沖縄全島エイサーまつり(沖縄支店)

「沖縄全島エイサーまつり」は、毎年旧盆明けの最初の週末に行われる、1956年の「コザ市誕生」を機に「全島エイサーコンクール」としてスタートし、今では沖縄の夏の風物詩として日本を代表する祭りの1つとなりました。県内各地を代表するエイサー団体を一同に集め開催される最大のエイサーイベントであり、地域の伝統・文化を継承するエイサーや斬新な創意工夫を凝らしたダイナミックな創作エイサー等、壮大な演武が繰り広げられ、3日間で30万人もの観客で賑わいます。

2017年は9月15日から3日間開催され、NTT西日本沖縄グループから参加し、三線や歌、太鼓のリズムに合わせ、本場のエイサーの醍醐味を味わいました。

今後も地域の一員として祭りに積極的に参加し、街の活性化や地域の皆さまとの交流を図っていきます。

第26回NTT西日本鹿児島支店杯 ママさんバレーボール大会(鹿児島支店)

地域スポーツ振興を目的に、NTT西日本鹿児島グループは、1993年から「NTT西日本鹿児島支店杯 ママさんバレーボール大会」を開催しています。第1回から四半世紀の歩みを重ね、26回目となった今大会には、選手最高齢80才率いる平均年齢75才のチームや遠方より初参戦のチーム等、県内44チームが熱戦を繰り広げました。

試合はAパート、Bパートによるトーナメント戦で行われ、Aパートは2017年に6連覇を目指して惜しくも準決勝で敗れたビアーズが、初優勝を狙うウイングに勝利し2大会ぶり歴代最多10回目の優勝!またBパートは妙円寺、垂水球友の初出場同士の決勝戦となり熱戦の末、妙円寺が初優勝を飾りました。

会場エントランスでは前回大会ダイジェストとこれまでの四半世紀大会の軌跡の映像を放映。また合わせて、鹿児島グループが取り組んでいる地域貢献活動や災害に対する取り組みのパネル展示や「災害用伝言ダイヤル(171)」のPRを行う等、日頃の取り組みの認知度向上に努めました。

今後もスポーツ大会への支援を通じ、地域の一員として街の活性化・市民との交流を図っていきます。

2017年度 桜島火山爆発総合防災訓練(鹿児島支店)

NTT西日本鹿児島グループは、2018年1月12日、鹿児島県や鹿児島市が実施した桜島大噴火に備えた総合防災訓練に総勢34名で参加しました。訓練は、58名もの尊い命が犠牲となった1914年の大正大噴火を教訓に始まり、2018回で48回目となりました。メインテーマ「一人の逃げ遅れも出さないために」、「避難体制の充実に向けて」をサブテーマに、警察や消防等、155の機関・団体、住民ら4,600名が参加しました。

当日は、海上(フェリー)や陸上(バス)による避難訓練や、地域住民が主体となった避難所設置や運営訓練が行われる等、より実践的な訓練となりました。時々小雪の散らつく中、鹿児島グループは「新たな災害対策機器による実働訓練」をコンセプトに災害対策車両の実働や最新ドローンの展示、加入者系デジタル無線装置(TZ403D)による電話・IP系サービス提供等を行いました。

また、避難所となった桜島総合体育館内に特設公衆電話と特設公衆Wi−Fiの環境を開設。さらに今回新たに「災害用伝言ダイヤル訓練機」を用いて「災害用伝言ダイヤル(171)」の普及啓発を図る等、NTTグループの取り組みを紹介しました。

鹿児島グループでは、桜島の爆発・地震等による災害発生に際して、防災関係機関と緊密な連携を保ちながら、大噴火に備えた防災意識の高揚と万全の準備を整えていきます。 

「おそうじさるく」に参加しました(長崎支店)

NTT西日本長崎グループは、2018年2月3日に「おそうじさるく」に参加しました。

「さるく」とは「まちをぶらぶら歩く」という意味の長崎の方言です。「おそうじさるく」とは、長崎都市経営戦略推進会議が進める清掃活動の一環であり、世界遺産登録を控える長崎の街の魅力を「さるくガイド」の絶妙な語りとともに体感しながら、次の世代に継承すべく清掃活動を行うものです。NTT西日本長崎グループとしては、2017年度で2回目の参加となりました。

今回は、長崎の冬の風物詩であり、約15,000個の極彩色のランタン(中国提灯)が街を彩る「ランタンフェスティバル」の開催前に長崎の街をきれいにする取り組みとして、極寒の中、「長崎中華街(新地)」や「唐人屋敷」を回るコース(紅の新地から灯ゆれる唐人屋敷へ)に総勢75名で参加し、「さるくガイド」7名のもと各班に分かれて清掃活動を実施しました。

この取り組みは、今後も長崎におけるイベントの開催前に実施していく予定であり、積極的に参加していきたいと思います。

春の鳥取砂丘一斉清掃への参加(鳥取支店)

春の恒例イベントでもある鳥取砂丘一斉清掃に、2018年もNTT西日本鳥取グループから78名が参加しました。このイベントは春秋の行楽シーズンを前に、鳥取砂丘を訪れる皆さまにきれいな砂丘を楽しんでいただけるよう、1980年から行っている活動です。

今春は4月15日に行われ、当日は珍しく風が強く、最初は小雨も混じる寒い中でしたが、参加者全員一体となって鳥取砂丘の美化に努めました。

今後も継続し、鳥取の美観を守る活動に積極的に取り組んでいきます。