このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  企業情報  NTT西日本グループのCSR・SDGsの取組み  事業部の活動紹介  支店の活動紹介

支店の活動紹介

大分県民の森「森林づくりボランティア」(大分支店)

2019年3月16日、大分県県民の森「第23回ボランティアによる森林づくり」にNTT西日本 大分グループの社員や家族37名が参加しました。

当日は時折強風が吹き荒れる中、植樹活動には総勢170人、0.4ヘクタールの斜面に1,100本の植樹を行いました。そのうちNTT西日本グループには0.12ヘクタールの斜面に350本の植樹が割り当てられ、時間内にすべて植えることができました。

植樹後には、地元の方が用意してくださったあたたかいご飯や「もり汁」をいただき、楽しいひと時を過ごし、疲れを癒しました。

「環境クリーン作戦 in 日田」を実施(大分支店)

「第20回天領日田ひなまつり健康マラソン大会」を前日に控えた2019年3月9日、大会に参加する選手にきれいになったコースを気持ちよく走っていただき、応援にいらっしゃった方にもきれいな街並みを楽しんでいただきたいとの思いからNTT西日本 大分グループの社員や家族、OBの30人が参加して「環境クリーン作戦」を実施しました。

当日は晴天に恵まれ、NTT日田ビルからマラソンコースである日本遺産の咸宜園(かんぎえん)跡の前や、豆田町までの約3kmを歩き、吸い殻や空き缶等、45リットルのごみ袋7袋分を拾い集めました。

東田地方ビル・桜橋ビル周辺の美化清掃の実施(富山支店)

2019年3月26日、昼休憩時間を利用し、東田地方ビル・桜橋ビル周辺の美化清掃にNTT西日本 富山支店の社員ら計83人が参加しました。

市街地の中心を流れる松川の「松川べりの桜」は「さくら名所100選」にも選ばれ、富山市民のシンボルとして親しまれている有数の桜の見どころです。

花見シーズンを迎える前に、近隣の方や観光客の皆さまに気持ち良く花見をしていただきたい思いと、新たな年度を気持ち良く迎えたい思いで、ごみ拾いを行いました。

2019年度も社会貢献活動の一環としてビル周辺美化清掃を行っていきます。

「アドプト・プログラム吉野川」の河川清掃に参加しました(徳島支店)

2018年3月24日、「アドプト・プログラム吉野川」に参加し、徳島を流れる吉野川の河川敷清掃を実施しました。

「アドプト・プログラム」は美しい吉野川を守るため地域の人々が自分たちの手で守るボランティア活動です。徳島県と協定を結んだ企業が、それぞれ担当する区域の清掃や美化活動を行うもので、2018年度内で3度目の実施となりました。当日は天候に恵まれ、午前8時からNTT西日本 徳島グループの社員や家族、退職者ら約70人で土手や河川敷で清掃活動を行い、漂着したごみや不法投棄された家庭用廃棄物を収集しました。集まったごみの量は、燃えるごみ18袋、燃えないごみ12袋となりました。

なかでも多かったものは、ペットボトル、空き缶、ウレタン、プラスチック類で、大型ごみであるプラスチックコンテナ、中型冷蔵庫などは、国土交通省河川国道事務所に連絡し引き取り依頼を行いました。

西念ビル周辺の清掃活動を実施(金沢支店)

2019年4月3日、NTT西念ビルに入居するNTTグループの社員とともに昼休憩時間を活用し、ビル周辺の清掃活動を実施しました。

この清掃活動は、「地域社会への貢献」、「環境と共生した社会づくり」の意識醸成を図ることを主目的にし、さらにNTTグループのトータルパワー発揮を目指す交流の場として、今年度より新たに行っている取り組みです。

当日は、天候にも恵まれ、昼食後にグループ各社の従業員が火ばさみ等を使ってビル周辺のごみ拾いを実施し、たばこの吸い殻のほか、路上に落ちていた自動車のタイヤ用ホイールカバー等を回収しました。

この活動は、今後も毎月継続していく予定です。

「隼駅」の清掃(鳥取支店)

2019年4月2日、若桜鉄道「隼駅」の清掃を実施しました。

隼駅は1930年開業の駅舎で、2008年に国の登録有形文化財に登録されています。

NTT西日本の高速インターネットサービス「隼」つながりで、地域に貢献しながら、ともに発展していきたいという思いから地域貢献活動の一環として、2012年から毎年実施しています。当日はNTT西日本 鳥取グループ29人が隼駅の清掃活動に参加しました。小雨の降りしきる中、駅の看板や窓ガラス清掃のほかホームや駅周辺の除草やごみ拾い、約30分でごみ袋20袋分のごみが集まりました。

春の「鳥取砂丘一斉清掃」に参加(鳥取支店)

2019年4月14日、鳥取砂丘で開催された春の「鳥取砂丘一斉清掃」に参加しました。鳥取砂丘の海岸沿い約7qを一斉清掃するもので、年に2回実施されます。

当日は冷たい雨が降りしきる荒天の中、NTT西日本鳥取グループから社員や家族、OBの94人が参加しました。大木や漁具、ロープといった大きな漂流物や、砂に埋もれたビニール、プラスチックなどのごみを拾い集め、参加者が一丸となって鳥取砂丘の美化に努めました。

今後も鳥取砂丘を訪れる皆さまにきれいな砂丘を楽しんでいただけるよう、継続して活動していきます。

大山春の一斉清掃に参加(鳥取支店)

2019年4月21日、恒例となっている大山隠岐国立公園「大山春の一斉清掃」が行われ、NTT西日本 鳥取グループの42人は桝水高原の清掃活動に参加しました。

開会式で注意事項を聞いた後、リフトでゲレンデの頂上までのぼり、枯草などで転倒しないよう気を付けながら、ふもとまで清掃活動を行いました。同時に周辺道路の清掃も行い、約1時間で非常に多くのごみを集めることができました。

日陰に残雪があったものの、当日は好天に恵まれ、心地よい汗を流しながら桜が満開の公園美化に努めました。

『石垣島トライアスロン大会2019』にボランティア参加(沖縄支店)

2019年4月21日に開催された「石垣島トライアスロン2019」にボランティアとして参加しました。NTT西日本沖縄グループの社員、退職者のほか、社員が監督を務める少年野球チームの総勢の100名が参加し、給水や元気な応援で選手を後押ししました。

八重山営業所を中心にエイドステーションを設置し、冷たい飲み物やバナナの提供、コールドスプレーのサービスなどを行いました。

また、結成して40年近くになる『NTT 八重山営業所音楽クラブ』による恒例のバンド演奏が大会を盛り上げ、他のエイドとは一味違ったにぎやかな応援を行いました。

「環境クリーン作戦 in 佐伯」を実施(大分支店)

2019年4月27日、NTT西日本大分グループの社員や家族、退職者の27名が参加し「環境クリーン作戦 in 佐伯」を実施しました。

第30回佐伯番匠健康マラソン大会の開催前日に行い、きれいになったコースを大会に参加する選手たちに安全に気持ちよく走ってもらえように、発着地となる佐伯市営陸上競技場を出発し道路わきに落ちている空き缶や吸い殻などのごみを集めました。

町の景観もきれいになるとともに、参加者も清々しい気持ちになりました。