このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 最近の主な取り組み の中の テレビで、自宅の電気使用状況が把握できる光BOX用「エネファームアプリ」の提供開始
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

テレビで、自宅の電気使用状況が把握できる光BOX用「エネファームアプリ」の提供開始

テレビで、自宅の電気使用状況が把握できる光BOX<sup>+</sup>用「エネファームアプリ」の提供開始

NTT西日本は、低炭素社会の実現に向け、ICTを活用したサービスの提供などを通じ環境負荷軽減に取り組んでいます。また、これまでに、あらゆる世代のお客さまが、自宅のテレビをネットにつないで、様々な体験を楽しむことをコンセプトに「光BOX」を開発し、「フレッツ光」と合わせた新たな利用シーンの創造を多様なビジネスパートナーと共に行っています。

今回、大阪ガスとアライアンスを組み、大阪ガスが提供する家庭用燃料電池「エネファーム」の操作や情報閲覧を「光BOX」上で可能にする「エネファームアプリ」を提供いたします。
大阪ガスが提供しているスマートフォン用エネファームアプリをもとに、「光BOX」専用アプリを開発し、テレビの大画面での視認性、操作性を追求したレイアウトになっています。
大きな画面でご利用いただけるため、リビングでくつろぎながらご家族みんなでご自宅の電気の使用状況を確認するなど、省エネをより身近に意識していただくことができます。
これにより、日々の生活でのこまめな省エネ活動が自然と身につき、結果として電力量、しいてはCO2排出量の削減を図ることができます。

NTT西日本では、グリーンNTT西日本戦略のもと、今後も引き続き、ICTの利活用により温暖化防止に貢献する活動を推進していきます。

詳細は、下記URLまで
NTT西日本 ニュースリリース http://www.ntt-west.co.jp/news/1501/150121a.html

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献

審査 14-3523-1