このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 386 「クリーン・ビーチいしかわ 2021金沢・白山」に参加
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 386 「クリーン・ビーチいしかわ 2021金沢・白山」に参加

みどりいっぱい活動報告 LINE 386
「クリーン・ビーチいしかわ 2021金沢・白山」に参加
2021.10.16、17 NTT西日本 北陸グループ NTT西日本 北陸支店

2021年10月16日(土)、17日(日)の2日間にわたって、『クリーン・ビーチいしかわ2021金沢・白山』が開催され、NTT西日本北陸グループからは社員とその家族など総勢50名が参加しました。
参加にあたって、北陸グループでは事前の体調チェックやマスク着用などの注意喚起を行いました。

この活動は、石川県の海岸線583キロメートルを守る海岸愛護運動です。今年5月に開催される予定でしたが、県内での新型コロナウィルス感染拡大のため延期となっていました。
そのため感染予防に配慮したうえで、活動日を16日に白山市の徳光海岸、17日は金沢市の健民海浜公園と二日間に分けて人数を調整し、実施することになりました。

16日の白山市徳光海岸は天候もよく、海岸の清掃には絶好な日和でした。ただ、浜辺には細かなプラスチックごみや発泡スチロールの破片、漁業で使われる漁網やロープ、釣り糸など、大小さまざまなごみが打ち上げられていました。足元に転がっているものもあれば、砂に深く埋まり掘り起こす必要のある物なども多く、ごみの収集には思いのほか時間を要することとなりました。

翌17日の金沢市健民海浜公園では小雨の中、雨具を着用し、高波や強風に注意しながら、トングを使って雨水を吸い込み重くなったごみを回収しました。各会場とも駐車場や商業施設が近いためか、花火やバーベキュー後に散乱したと思われるごみも目立ちました。 約1時間の活動で、45リットルのごみ袋いっぱいのごみが次々と積み上げられるのを目の当たりにして、このごみが回収されずに海を漂っていたら、「海洋生物や地球環境に与える悪影響は計り知れない」と思いました。それと同時に、海をきれいにするためには、私たちの普段の生活から出るごみの量を減らす努力をしなければならないことを実感しました。

活動終了後は、地元の企業やボランティアの市民の方々など、参加者の間で労いの言葉が自然に交わされて心温まる交流が生まれました。
数々のイベントが中止になるコロナ禍で、皆さんのご理解・ご協力のもと無事に活動を行うことができ、参加者一同が力を合わせてきれいにした浜辺を前に、晴れやかな気持ちになれたと思います。

NTT西日本北陸グループでは、今後もこの美しい里海を未来へと大切に守り継いでいくために、地域の方々と協力しながら環境保護活動に積極的に参加してまいります。

「クリーン・ビーチいしかわ2021金沢・白山」の活動全体で回収されたごみの量
■ 白山市:0.6トン
■ 金沢市:1.3トン
■ タイヤ1本


参加者所属企業
NTT西日本 北陸グループ(NTT西日本、NTTビジネスソリューションズ、NTTマーケティングアクト、NTTフィールドテクノ、NTTビジネスフロント)
活動場所
10/16:白山市徳光海岸
10/17:金沢市健民海浜公園
参加人数
50名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献