このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 381 2020秋の「藤前干潟クリーン大作戦」へ参加
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 381 2020秋の「藤前干潟クリーン大作戦」へ参加

2020年10月31日(土) 清々しい秋空の下、年間100種類以上の野鳥が飛来しラムサール条約に登録されている藤前干潟・庄内川・新川河口付近にて「藤前干潟クリーン大作戦」が開催されました。

新型コロナウイルスの影響もあり、NTT西日本東海グループとして今年度初のイベント開催となりましたが、社員や家族、退職者など45名が参加しました。
これまで本活動は、藤前干潟クリーン大作戦実行委員会事務局が主催し、春と秋の年2回、各会場600名近くが参加し行われてきましたが、今年はボランティア活動などのイベントはすべて中止となりました。
しかし今回は、事前申込み制で参加定員を半分程度に減らし、受付時にも体温測定と体調チェックを行うなど感染防止対策に万全を期しました。

最初にセレモニーが行われた後、参加者は2班に分かれて徒歩で清掃場所まで移動しました。一時間ほどの作業で快い汗を流し、終わる頃には堤防沿いに回収したごみ袋の山ができました。

近年は環境保護に対する意識の高まりから、投棄ごみの量も年々減少傾向にあります。
そして、以前に比べてタイヤやスーツケースといった粗大ごみが投棄されることも、かなり少なくなったように思います。とはいえ、河川敷周辺へのペットボトルや発泡スチロール、空き缶などのポイ捨ては、まだまだ多く見られます。

清掃活動終了後のイベントは新型コロナウイルス感染の原因となり得る「3密」を避けるため中止になり、午後からの「干潟観察会」、「ヨシ原保全活動」の体験も今回は見合わせることとなりました。

NTT西日本東海グループでは、今後も伊勢湾へのごみの流出を減らし、藤前干潟の生物多様性保全活動に積極的に参加し、美しく豊かな自然環境の維持に努めます。また来年度には以前のように多くの方が参加できることを願っております。

参加者所属企業
NTT西日本東海事業本部、NTTビジネスソリューションズ東海支店、NTTマーケティングアクト東海支店、NTTフィールドテクノ東海支店、NTTネオメイト東海支店、NTTビジネスアソシエ西日本東海支店、NTT西日本ビジネスフロント東海支店、東海電電旧友会(退職者組織)、退職者の会
活動場所
藤前干潟・庄内川・新川河口 中堤会場(名古屋市港区)
参加人数
45名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献