このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 373 NTT環境クリーン作戦 2019 in 愛媛
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 373 NTT環境クリーン作戦 2019 in 愛媛

2019年12月14日(土)、NTT西日本愛媛グループは松山市道後公園にて「NTT環境クリーン作戦 2019 in 愛媛」を実施しました。

名湯・道後温泉に隣接し、日本の歴史公園100選にも選ばれている道後公園は、全域が中世の伊予国守護である河野氏の居城「湯築城」として14世紀前半から16世紀後半にかけての250年間存続した城跡です。堀や土塁などの地割は、今もなお当時の面影を留めており、多くの地元住民や観光客が散策や休息をするなど、憩いの場となっています。
また、約300本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所としても知られ、春には花見客でにぎわう人気の公園でもあります。

毎年12月に実施し今年で26回目となる本活動は、今や年の瀬の恒例行事としてすっかり定着しました。今回は、早朝から松山市や松山市近郊のNTTグループ各社の社員やその家族、退職者など350名が参加しました。

参加者は、まず丘陵地の排水溝にたまった落葉や泥を木々の根本に散布し、遊歩道に飛散する落葉を回収するなどの作業後、公園内の休憩所・庭園のごみ拾いや草引きをしました。
回収した落葉は、約60袋にもなりました。昨年までは可燃ごみとして処理していましたが、「みどりいっぱい活動」の趣旨に賛同された道後公園管理事務所の方々が、回収した落葉を腐葉土にするスペース「落葉囲い」を無償で作っていただき、森に還元する取り組みがスタートしました。

最後に、皆で落葉を「落葉囲い」に移し、のちに腐葉土となって、さまざまな生き物の生育に好影響を与えることを願い、記念撮影をしました。

今回参加した子どもたちが大人になっても、道後公園が変わらず自然豊かな美しい憩いの場であり続けるよう、NTT西日本愛媛グループでは今後も積極的に、このような地球温暖化の防止や生物多様性保全に貢献してまいります。

実施会社
NTT西日本四国事業本部、NTT西日本愛媛支店、NTTビジネスソリューションズ四国支店、NTTマーケティングアクト四国支店、NTTフィールドテクノ四国支店、NTTネオメイト四国支店、NTTビジネスアソシエ西日本四国支店、NTTインフラネット四国事業部、NTTコムウェア西日本支店、NTTタウンページ四国営業支店、NTTデータ四国、NTT西日本アセット・プランニング四国支店、NTT西日本ビジネスフロント四国支店、NTTファイナンス四国支店、NTTファシリティーズ関西四国支店、テルウェル西日本四国支店、テルテック四国、ドコモCS四国、ドコモ四国支社、愛媛電友会、日本公衆電話会
活動場所
道後公園(愛媛県松山市道後公園)
参加人数
350名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献