このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 369 「東山動植物園 花いっぱいプロジェクト」春花壇
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 369 「東山動植物園 花いっぱいプロジェクト」春花壇

2019年11月2日(土)、NTT西日本東海グループは名古屋市千種区の東山動植物園において「東山動植物園花いっぱいプロジェクト」(春花壇)に参加しました。

このプロジェクトは園内を色とりどりの美しい季節の花々でいっぱいにしようと、東山動植物園が企業や団体と協働で春・夏・秋の年3回、花壇づくりに取り組んでいるものです。東海グループは2013年から参加しており、今回は春に園内を彩る春花壇づくりを行いました。

当日の午前10時、東海グループ社員とその家族や退職者などを含めた総勢199名が、植物園の「お花畑」に集まりました。
開会式では、園長に続いてNTT西日本グループ東海事業本部 総務部長より挨拶がありました。
そして東海グループの参加者全員で花壇を背景に写真撮影をした後、子どもたちは黄緑色のビブスを着用し、作業が始まりました。

参加者は3つの花壇に分かれて「ビオラ」の苗と「チューリップ」の球根を植え付けました。
園職員の方によるご指導のもと、ビオラの苗を均等な間隔を空けて花壇に並べ終えた後、その苗と苗の間にチューリップの球根を植えました。
大人も子どもも苗を踏みつけないように気をつけながら、それぞれ自分のペースで楽しく作業に取り組み、約1時間で無事に終了しました。

今回の春花壇が見ごろを迎えるのは、5ヶ月後の4月中下旬の予定です。その頃には、ビオラのピンク・ホワイト・レッドの3色とチューリップも開花し、華やかな眺めが広がり、来園のお客様に喜んでいただけることでしょう。
また、「みどりいっぱい」の取り組みを各家庭でも続けられるように、希望者は水栽培用にヒヤシンスの球根を持ち帰りました。

NTT西日本東海グループは今後も、地球環境保護や生物多様性保全、地域社会に大きく貢献する活動に、社員およびご家族を含めた皆さまと協力して積極的に取り組んでいきます。

参加者所属企業
NTT西日本東海事業本部、NTTビジネスソリューションズ東海支店、NTTマーケティングアクト東海支店、NTTフィールドテクノ東海支店、NTTネオメイト東海支店、NTTビジネスアソシエ西日本東海支店、テルウェル西日本東海支店、東海電電旧友会(退職者組織)、退職者の会
活動場所
名古屋市千種区 東山動植物園 お花畑
参加人数
199名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献