このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 357 藤前干潟クリーン大作戦
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 357 藤前干潟クリーン大作戦

2019年10月26日(土)、渡り鳥の貴重な飛来地である名古屋市港区の藤前干潟・庄内川・新川河口付近において「藤前干潟クリーン大作戦」が開催されました。
この活動は、藤前干潟クリーン大作戦実行委員会事務局主催で、春と秋の年2回開催され、毎年NTT西日本東海グループの社員とその家族、退職者が参加しています。

今回は、台風21号の影響で前日の夕刻まで雨が降り止まず、開催が危ぶまれましたが当日は台風一過、朝から晴天となり、東海グループからは50名が活動に参加しました。
事務局リーダ指示のもと、参加者は3班に分かれてマイクロバスと徒歩で清掃場所へ移動しました。

作業が始まると台風の影響で河口周辺に流れ着いたペットボトル、空き缶、プラスチックなどのごみを中心に回収しました。その他にチャイルドシート、スーツケースなどの大型ごみについては、足元が不安定な川岸からコンテナにロープを結んで、引き上げるなどの工夫により、無事に回収することができました。
堤防に広げたごみをビン・缶・プラスチックなどに分別すると、堤防の至る所にたちまちごみ袋の山が積まれ、約90分で作業は終了しました。

近年、生物多様性の保全活動が広まり、環境へ配慮する意識が高まったことで、ごみの量は減少傾向にあるように思われます。

最後に閉会式が開催され、その後はお弁当を食べながら参加者間で懇親を深め、半日の活動は終了しました。
NTT西日本東海グループはこれからも、藤前干潟クリーン大作戦のような自然環境の保護活動に積極的に参加し、生物多様性保全に繋げて、豊かで美しい環境の維持に努めていきます。

【主催者発表】
■全参加者数 1,570名
※ NTT西日本東海グループ 50名(事務局含む)
■ごみ収集量 1,495袋(45リットル/袋 換算)

参加者所属企業
NTT西日本東海事業本部、NTTビジネスソリューションズ東海支店、NTTマーケティングアクト東海支店、NTTフィールドテクノ東海支店、NTTネオメイト東海支店、NTTビジネスアソシエ西日本東海支店、東海電電旧友会(退職者組織)、退職者の会
活動場所
名古屋市港区 藤前干潟
参加人数
50名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献