このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 354 東山動植物園お花畑「花いっぱいプロジェクト」〜秋花壇づくり〜
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 354 東山動植物園お花畑「花いっぱいプロジェクト」〜秋花壇づくり〜

2019年9月7日(土)、名古屋市千種区の東山動植物園にて開催された「東山花いっぱいプロジェクト(秋花壇づくり)」に、NTT西日本東海グループの社員やその家族、退職者など167名が参加しました。

「花いっぱいプロジェクト」は、東山動植物園が企業や団体と協働で、園内を美しい季節の花々で満たそうという趣旨で、春・夏・秋の年3回花壇づくりに取り組んでいます。
東海グループでは社会貢献への意識向上および生物多様性保全を目的として、2013年より毎回多くの社員や家族が参加しています。

当日は二つの大型台風が接近する予報でしたが、幸いにも好天に恵まれました。
はじめにセレモニーが開催され、東山植物園園長からのご挨拶、園職員の方より作業手順のご説明、続いて参加者全員で写真撮影を行いました。

東海グループは「お花畑展望休憩所」にある花壇へ、季節に合った花の苗を多数植え付けます。
今回、秋花壇を作るために“ジニア”(和名:百日草)と“ダリア”の約3,300本を用意し、3班に分かれて作業を開始しました。

まずは苗を等間隔に並べた後、踏まないよう足元に注意しながら1本1本丁寧に植え付けました。
暑い日差しの下、汗だくになりましたが子どもたちも大人に負けまいと一生懸命に取り組み、1時間足らずで作業を終えることができました。

9月下旬には、色とりどりの鮮やかな花を咲かせるジニアとダリアが見頃を迎え、花壇は華やかで美しい眺めとなり、来園者を楽しませることでしょう。
また、前回6月に植付けしたヒマワリの種が収穫の時期を迎え、希望者が自宅に持ち帰りました。来年の夏には、各家庭でヒマワリが太陽に向かって大輪の花を咲かせているでしょう。

NTT西日本東海グループでは、今後も引き続き社員やその家族とともに、社会貢献や生物多様性保全に積極的に取り組んでまいります。


参加者所属企業
NTT西日本東海事業本部・名古屋支店、NTTビジネスソリューションズ東海支店、NTTマーケティングアクト東海支店、NTTフィールドテクノ東海支店、NTTネオメイト東海支店、NTTビジネスアソシエ西日本東海支店、NTT西日本ビジネスフロント東海支店、NTT西日本アセットプランニング東海支店、東海健康管理センタ、東海電電旧友会(退職者組織)、退職者の会、テルウェル西日本東海支店
活動場所
名古屋市 東山動植物園「お花畑」
参加人数
167名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献