このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 342 NTT西日本三重支店「ひかりの森」森林保護活動
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 342 NTT西日本三重支店「ひかりの森」森林保護活動

2019年5月31日(金)、NTT西日本三重グループは、本年度第1回目の「ひかりの森」森林保護活動を実施しました。

『環境保護活動の推進は、企業の社会的責任である』という考えのもと、三重グループは2011年から三重県が推進する「企業の森」づくり活動に取り組んでおり、今回で13回目となりました。当日は社員・退職者合わせて総勢30名(男性17名女性13名)が間伐作業と木工教室に参加しました。

5月にも関わらず連日夏日でしたが、当日は小雨が心配される天候となりました。
車6台に分乗し、山道を経て現地に到着後、間伐作業と木工教室の2班に分かれ作業を実施しました。

間伐作業は、中勢森林組合・津市林業振興室の方々のご指導・ご説明を受けた後、 3チームに分かれヒノキが林立する森に入りました。中勢森林組合の皆さんによる間伐のデモンストレーションを見学し、その後、自分たちで切り目を入れたヒノキを他の木に引っ掛けたロープを皆で引っ張り、木を倒していきました。
木工教室では、ご用意いただいた木工キット(小鳥の巣箱・ミニ風呂椅子・箸など)を中勢森林組合の方々よりご指導を受けながら作成しました。
1時間程の作業後、間伐作業と木工教室の各班が入れ替わり、参加者全員が両方を体験できました。

最後に小雨の中で記念撮影をし、参加者は各自作成した木工作品や、中勢森林組合の皆さんのご厚意によりチェーンソーで薄く輪切りにしたヒノキをお土産として持ち帰る参加者の笑顔が印象的でした。

また、当日の模様は三重テレビと中日新聞社により取材され、三重グループの環境保護活動が多くの皆様に知っていただけるきっかけになったでしょう。

今後もNTT西日本三重グループは、継続してこのような環境保護活動に取り組んでまいります。

実施会社
NTT西日本三重支店
活動場所
三重県津市白山町字北布引28−58
NTT西日本三重支店「ひかりの森」
参加人数
30名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献