このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 339 ぎふのみどりいっぱいプロジェクト「継続7年! 緑のカーテン」
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 339 ぎふのみどりいっぱいプロジェクト「継続7年! 緑のカーテン」

2019年5月10日(金)、17日(金)の両日、NTT西日本岐阜グループは、今年で7年目を迎える恒例の「緑のカーテン」作りを実施しました。
この活動は、岐阜グループ管内の加納ビルと梅ヶ枝ビルの周辺や中庭を利用して、ゴーヤやアサガオなどの「つる性」の植物や季節の花を栽培して育てる取り組みです。

「つる性」の植物による「緑のカーテン」は、成長すると夏の強い日差しの影響で室温が上昇する社屋を過ごしやすくする効果が期待できるだけでなく、電力使用量の削減にも貢献します。

当日は汗だくになるほどの陽気の中、岐阜グループの社員やその家族など55名が参加し、「緑のカーテン」の棚の修理から花壇の草引きやプランターの土の入れ替え、苗の植え付けなどを行いました。

棚の修理に加えて、今回は増えてしまった雑草も整備し、癒し効果が期待できるハーブ系の植物やベゴニア・日々草・サルビアなどの季節の花も植栽しましたが、手慣れた社員による声かけが功を奏し、手際よく作業を進めることができました。

今後は成長する苗に合わせて水やりや草抜きのほか、伸びたつるを支柱やネットに結びつける誘引作業なども必要となります。
これからさらに暑い日が続くと予想され、手入れを行うのは労力を要しますが、みんなで協力し合い花の成長を見守りながら、開花を楽しみに取り組んでいきたいと思います。

NTT西日本岐阜グループは今後も「緑のカーテン」作りを継続し、省エネを実現する社会貢献活動につなげてまいります。


実施会社
NTT西日本岐阜BU内各社(NTT西日本岐阜支店、NTTフィールドテクノ、NTTマーケティングアクト、テルウエル西日本、NTTビジネスアソシエ西日本)
事務局
NTTビジネスアソシエ西日本東海支店岐阜事業所総務担当
活動場所
加納ビル(5/10)、梅ケ枝ビル(5/17)
参加人数
55名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献