このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 325 2018年度「第2回アドプト・プログラム吉野川(河川敷清掃)」の実施 〜NTT西日本環境クリーン作戦〜
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 325 2018年度「第2回アドプト・プログラム吉野川(河川敷清掃)」の実施 〜NTT西日本環境クリーン作戦〜

2018年10月21日(日)、NTT西日本徳島グループでは、今年2回目となる吉野川河川敷の清掃活動「アドプト・プログラム吉野川」を行いました。

「アドプト・プログラム」とは、吉野川の河川敷を一定区間に分け、各区間で参加者(企業・団体など)を募り、参加者と河川敷が「養子縁組(アドプト)」するものです。
参加者は担当地区の「里親」として、親になった気持ちで「養子」である河川敷の担当地区の清掃・美化活動を定期的に年3回以上実施します。
1999年にスタートし、今では100以上の企業・団体が参加し、100キロメートル近い吉野川の堤防や河川敷をきれいにしています。NTT西日本徳島グループの活動場所は、吉野川左岸河口から上流1,400メートル〜2,000メートル区間の堤防および河川敷600メートル区間です。

例年10月の活動は、「NTT西日本環境クリーン作戦」を兼ねて実施しており、当日は天候にも恵まれ早朝8時から、NTT西日本徳島グループの社員や家族、退職者など87名で、約1時間の清掃活動を行いました。

清掃場所が吉野川河口付近であることからたくさんの漂着したごみや不法投棄された家庭用廃棄物が収集されました。
ごみの量は、燃えるごみ17袋、燃えないごみ8袋(資源ごみ含む)、産廃処理が必要な、廃プラスチック類:ゴムホース(硬質)、ポリタンク、ポリバケツ、プラスチック製コンテナ・コーン、発泡スチロールとなりました。それらは産廃物収集業者へ処理を依頼しました。また、大型ごみ(中型の冷蔵庫)については、国土交通省徳島河川国道事務所へ連絡し処分を依頼しました。

活動終了後には、事務局代表として、NTT西日本徳島支店 藤本総務部長より「第3回は、2019年3月17日(日)『とくしまマラソン2019』前に吉野川河川清掃を実施しますので、今回同様たくさんの参加をお願いします。ご協力ありがとうございました」との挨拶があり、参加者全員で美しくなった吉野川をバックに記念写真を撮りました。

気候も良いなかの作業で、吉野川も美しくなり、参加者にとって気持ち良い一日となりました。NTT西日本徳島グループは、今後も河川清掃・美化活動に積極的に取り組んでまいります。

参加者所属企業
NTTビジネスソリューションズ四国支店徳島ビジネス営業部、NTTマーケティングアクト四国支店(営業部・CRM推進部・サービス推進部)、NTTフィールドテクノ四国支店(徳島営業所・サービスサポート部)、NTT西日本ビジネスフロント四国支店徳島営業所、テルウェル西日本四国支店徳島営業支店、NTT西日本徳島支店(ビジネス営業部・設備部)、退職者及び社員家族、日本公衆電話会徳島支部
事務局
NTT西日本徳島支店総務部
NTTビジネスアソシエ西日本四国支店徳島事業所
活動場所
「徳島県:吉野川交流推進会議」と「NTT西日本徳島支店」が、アドプト(養子縁組)した区間
徳島市内:「吉野川左岸河口から上流1,400m〜2,000m区間の堤防及び河川敷600m区間」
参加人数
87名(退職者及び社員家族含む)

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献