このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 314 第5回「NTTみどりいっぱい塩江の森」植林活動
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 314 第5回「NTTみどりいっぱい塩江の森」植林活動

2018年11月10日(土)、NTT西日本香川グループは、高松市塩江町森林(高松市所有林)において、第5回「NTTみどりいっぱい塩江の森」植樹活動を実施しました。

この活動は、2014年に香川県・高松市・NTT西日本香川支店の3者が締結したフォレストマッチング協定(協働の森づくり推進事業)にもとづき、香川グループが積極的に取り組んでいる地域の環境保護活動で、今年で5年目となります。

フォレストマッチング協定とは、森づくりに関心のある企業と、手入れが必要な森林の情報を収集している県・市との間で締結されるものです。そして、企業の参加と経費負担による「協働の森づくり」を推進し、県民の財産ともいえる森林の働きの維持を目的としています。

香川グループ社員やその家族をはじめ、香川県みどり整備課、塩江町森林組合など総勢約60名が参加し、ヤマザクラの苗木200本を植樹しました。 また、昨年植樹したヤマザクラの中で順調に成長している木に、目印として赤いリボンをつけました。

子どもたちも一生懸命に鍬(くわ)をふり、「大きく育ったら桜の季節にお花見したいね」と、心を込めて植えた苗に記念のネームプレートをつけました。その後、伐採した竹を使って貯金箱づくりも体験しました。

また、今年は、NTT西日本グループ環境マスコットイメージキャラクターが「にしの みどり」から「八千草 結(やちぐさ ゆい)」へ交代したことで、森林に設置している看板のリニューアルを行い初披露しました。デザインは、山桜が満開に咲き、眩しい青空と自然、鳥が住む森をイメージされたものです。

NTT西日本香川グループは、これからも自治体などと連携しながら、地域の環境保護活動に積極的に取り組んでまいります。

参加者所属企業
NTT西日本 香川支店、NTTビジネスソリューションズ、NTTマーケティングアクト、NTTフィールドテクノ、NTTビジネスアソシエ西日本、NTTインフラネット、NTTファシリティーズ、NTTファイナンス、テルウェル西日本、NTT西日本ビジネスフロント
活動場所
高松市塩江町森林
参加人数
約60名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献