このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 311 「とぎつの森再生計画プロジェクトD“どんぐり”」植樹祭に参加
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 311 「とぎつの森再生計画プロジェクトD“どんぐり”」植樹祭に参加

2018年11月17日(土)、NTT西日本長崎グループは、みどりいっぱいプロジェクトの一環として2014年より参加している時津町主催の「とぎつの森再生計画プロジェクトD“どんぐり”」植樹祭に参加しました。

この活動は、山から人里に下りてくるイノシシによる農作物への被害対策として、餌となるどんぐりを苗木から育てて植樹し、イノシシを山に帰すことを目的としており、数年前から行われています。
2016年の実施が雨天中止となったこともあり、今年も前日から雨が降り天気が心配されましたが、当日は足元が少しぬかるんではいるものの、青空が広がる絶好の植樹日和となりました。

開会式では、時津町より植樹に関する注意事項等の周知が行われました。その後、長崎グループ、ドコモCS九州の社員・家族約45名に、他企業、役場、および地元の方々の総勢約100名がグループに分かれて、役場職員や地元の方々のご指導のもと作業を開始しました。

参加者は、急斜面等での安全確保のため足場に細心の注意をはらいながら、約1時間でツツジ、アジサイおよびシャクナゲの苗を200株ほど植樹することができました。

作業終了後は、昨年と同様に時津町よりバーベキューが振る舞われ、参加者は清々しい青空のもと、おいしい肉や地元産の野菜を堪能しました。
最後に時津町より参加者への感謝と「今後も協力をお願いいたします」とのお言葉をいただき、植樹祭は終了しました。

NTT西日本長崎グループでは、これからもこの活動に継続的に参加・支援することで、地元の方々と共に「とぎつの森」の成長を見守っていきます。

参加者所属企業
NTT西日本 長崎支店、NTTフィールドテクノ、NTTマーケティングアクト、NTTビジネスアソシエ西日本、NTTドコモCS九州
活動場所
時津町(鳴鼓岳)
参加人数
約45名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献