このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 293 石川の森づくりに参加しました
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 293 石川の森づくりに参加しました

NTT西日本北陸グループは、平成30年6月30日(土)と7月14日(土)の2日間、公益社団法人 石川の森づくり推進協会主催の「石川の森づくり」に社員とその家族約50名が参加しました。

「石川の森づくり」は、加賀・金沢・能登の3地区を拠点に企業・団体の参加協力によって美しい自然を守り継いでいくことを目的とした森林保全活動です。

北陸グループでは、「石川の森づくり」活動を通して植樹した苗木が草に覆われて成長できなくなるのを防ぐため、下草刈りやつる切りを実施しています。
これは、苗木を植えて10年目頃まで続けることが必要で、長い年月がかかりますが、森になっていくには大切な作業の一つです。

今回は、6月30日に金沢市の里山「夕日寺健民自然園」内にある化石の広場付近を、そして7月14日に日本三名山の一つに数えられる白山のふもと「白峰クロスカントリー競技場」付近で活動を行いました。

当日、強い日差しが照りつける中で、安全に作業するために鎌の使い方や熱中症対策の指導を受けて、約1,000平方メートルの範囲の草刈りを担当しました。
北陸グループの参加者は、他企業のボランティアの皆さんとともに鎌と草刈り機を使って、うっそうと茂った雑草を刈っていきました。
時折、虫たちがもぞもぞと草むらから顔を出すことに驚きながら、子どもたちはいきいきとした表情で一生懸命に取り組んでいました。

活動後、参加者に冷たい飲み物やお餅が配られ、ほおばりながら歓談する姿が印象的でした。

NTT西日本北陸グループは、これからも自然環境保全活動を通じ、みどりいっぱいになるよう、そして美しい里山を後世に残せるように「石川の森づくり」活動を続けてまいります。

参加者所属企業
NTT西日本北陸事業本部、NTTマーケティングアクト、NTTフィールドテクノ、NTTビジネスソリューションズ、NTTビジネスアソシエ西日本
活動場所
金沢市夕日寺、白山市白峰
参加人数
50名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献