このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 276 「ひかりの森」森林保護活動
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 276 「ひかりの森」森林保護活動

平成30年5月28日(月)、NTT西日本三重グループは今回で11回目となる、「ひかりの森」森林保護活動を実施しました。

「ひかりの森」は、室生赤目青山(むろうあかめあおやま)国定公園内にある青山高原の麓に広がる市有林です。平成23年に三重県との間で、この森林を5ヶ年計画で整備するという趣旨で調印して以来、間伐作業などを通じて森林の育成・保護に努めてきました。平成28年からは、さらに5年にわたって活動を進めています。

開催日の天気予報が雨のため実施が危ぶまれましたが、当日は、野外活動に適した穏やかな天候となりました。三重グループの社員や退職者の計37名は和気あいあいとした中で、爽やかな森の空気を感じながら間伐作業や木工教室を体験し、有意義な1日を過ごしました。

間伐作業ではヒノキが林立する森の中に入り、中勢森林組合森林整備課や津市農林水産部林業振興室の方々のご指導を受けながら作業を行いました。はじめにノコギリでヒノキに切り目を入れ、その後参加者が力を合わせ、他の木に引っ掛けたロープを引っ張って木を倒しますが、望む方向に倒すことに苦労する場面もありました。
参加者は少し汗ばみながらも、森の香りと切り株からのヒノキの良い香りを感じ、森林浴の快さを覚える人も多かったようです。また、森林組合の方に間伐したヒノキをチェーンソーで薄く切っていただき、お土産として持ち帰る方も多く見かけました。

木工教室では、森林組合の方に箸、椅子、本棚が作成できる木工キットを用意していただき、参加者はまるで童心に返ったように真剣な面持ちで創作に取り組んでいました。「ひかりの森」に笑い声がこだまし、森林保護活動の将来に望みを感じられたように思います。

NTT西日本三重グループでは地域住民の皆さんと協力し合い、今後も継続して森林保護活動に取り組んでまいります。

実施会社
NTT西日本三重支店
活動場所
NTT西日本三重支店「ひかりの森」(三重県津市白山町字北布引28−58)
参加人数
37名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献

ページの先頭へ