このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 265 平成29年度 第2回「アドプト・プログラム吉野川」河川清掃・美化活動、「NTT西日本環境クリ−ン作戦」の実施
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 265 平成29年度 第2回「アドプト・プログラム吉野川」河川清掃・美化活動、「NTT西日本環境クリ−ン作戦」の実施

平成29年11月11日(土)、NTT西日本徳島グル−プは吉野川河川敷の清掃活動「アドプト・プログラム吉野川」を行いました。

「アドプト・プログラム」とは、吉野川の河川敷を一定の区間に分け、その区間ごとに参加者(団体・企業等)を募り、河川敷と参加者が「養子縁組(Adopt)」するという企画です。参加者は、担当地区の「里親」として、「養子」である河川敷の清掃・美化活動を定期的に年間3回以上実施するものです。
徳島グループは、吉野川左岸河口より上流1400〜2000メートル間の堤防及び河川敷600メートル区間の里親となり、清掃活動に取り組んでいます。

当初10月21日(土)の実施予定でしたが、台風21号の影響で28日(土)に延期したところ、今度は台風22号でさらに11月11日(土)に延期となって、ようやく河川清掃活動が実施できました。
3週間も延期となりましたが、例年10月の河川清掃活動は、「NTT西日本環境クリ−ン作戦」も兼ねて実施しているため、休日にも関わらず朝8時から徳島グル−プの社員や家族、退職者など74名が参加し、約1時間の清掃を行いました。

当日は、2度の台風による影響と清掃活動場所が吉野川河口付近であることから、たくさんの漂着物や不法投棄された家庭用廃棄物を収集できました。集まったものは、燃えるゴミ、燃えないゴミ(資源ゴミ含む)、さらに、産廃処理が必要なゴムホ−ス(硬質)、鉄板、ポリタンク、ポリバケツ、流木、発泡スチロ−ルの箱、コンテナ(プラスチック)、物干し竿などで、大型ゴミは産廃物収集業者へ処理を依頼しました。

活動終了後、事務局代表としてNTT西日本徳島支店 藤本総務部長より、「今回の吉野川の清掃活動は、『NTT西日本環境クリ−ン作戦』として毎年10月に実施し、社会貢献活動の一環として地域に貢献しています。次回は、2018年3月25日の『とくしまマラソン2018』前に第3回吉野川河川清掃を実施しますので、今回同様たくさんの参加をお願いします。ご協力ありがとうございました」との挨拶がありました。

最後に、美しくなった吉野川を背景に参加者全員で記念撮影を行い、参加された皆さんにとって、気持ちの良い一日となったことと思います。

NTT西日本徳島グル−プは、今後も河川清掃・美化活動に積極的に取り組んでまいります。

参加者所属企業
NTT西日本徳島支店(ビジネス営業部・設備部)、NTTビジネスソリューションズ四国支店徳島ビジネス営業部、NTTマーケティングアクト四国支店徳島営業部(CRM推進部四国116センタ、サービス推進部徳島加入権センタ)、NTTフィールドテクノ四国支店徳島営業所(サービスサポート部カスタマサポート部門)、テルウェル西日本四国支店徳島営業支店、退職者及び社員家族
事務局
NTT西日本徳島支店(総務部)、NTTビジネスアソシエ西日本四国支店徳島事業所
活動場所
「徳島県庁:吉野川交流推進会議」と「NTT西日本徳島支店」が、アドプト(養子縁組)した区間
徳島市内:「吉野川左岸河口から上流1400m〜2000m区間の堤防及び河川敷600m区間」
参加人数
74名(退職者及び社員家族含む)

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献