このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 264 第12回「水と緑の森林(もり)づくり」県民ボランティアの集いに参加
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 264 第12回「水と緑の森林(もり)づくり」県民ボランティアの集いに参加

平成29年11月25日(土)、公益社団法人 宮崎県緑化推進機構が主催する第12回「水と緑の森林づくり」県民ボランティアの集いが開催されました。NTT西日本宮崎グループは「みどりいっぱいプロジェクト」の一環として、グループ各社ならびに関係会社の社員とその家族約50名が参加しました。

はじめに、NTT西日本宮崎支店 坂井総務部長から「宮崎グループでの参加は今年で5回目となり、グループ一丸となって参加していただき感謝しております。安全第一で作業を行っていただきますようお願いいたします」との挨拶があり、その後参加者は、記念式典会場へと移動しました。

記念式典では、河野宮崎県知事から「山を育て手入れをすることは、土砂崩れを防ぐ上で重要であり、将来のために森林づくりの活動を広げましょう。本日は多くの方に参加いただいたことに感謝します」とのお言葉をいただきました。

活動場所である阿波岐原(あわきがはら)森林公園では、松くい虫の被害が進んでおり、県内から集まったボランティア参加者など約500人が森林の枝打ちや下草刈り、植栽活動に取り組みました。
宮崎グループはヤマモモやマテバシイなど6種類の苗木の植栽を行う班に割り当てられました。参加者は「風に負けない大きな木に育って欲しい」との願いを込めて苗木を一本一本丁寧に植え、倒れないように、竹の支柱にくくりつける作業を行いました。

NTT西日本宮崎グループでは、「みどりいっぱいプロジェクト」を通じて、今後も自治体やNPO法人などと連携し、環境保全活動に積極的に取り組んでまいります。

参加者所属企業
NTT西日本 宮崎支店、NTTビジネスソリューションズ、NTTマーケティングアクト、NTTフィールドテクノ、NTTビジネスアソシエ西日本、NTTビジネスフロント、NTTインフラネット、テルウェル西日本、SYSKEN 宮崎支店、西部電気工業 宮崎支店
活動場所
宮崎市「阿波岐原森林公園」
参加人数
約50名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献

ページの先頭へ