このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 259 石川の森づくりに参加
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 259 石川の森づくりに参加

NTT西日本北陸グループは、平成29年10月28日(土)と11月3日(金)の2日間、公益社団法人石川の森づくり推進協会主催の「石川の森づくり」に参加しました。

「石川の森づくり」は、加賀・金沢・能登の3地区を拠点に企業・団体の参加協力によって美しい自然を守り継いでいくことを目的とした森林保全活動です。主な活動内容は、地区内の森林において植林活動や下草刈り・つる切りなどの手入れのほか、きのこ植菌など、森の資源を活用した体験学習も行っています。また、豊かな森の中でさまざまな昆虫や野鳥、植物と出会い、そこから多くの気づきや発見が生まれる機会でもあります。

金沢市夕日寺エリアでは、主催者から指導を受けた後、各班に分かれて手カマと刈り払い機をうまく併用しながら、これまでに手がけてきた植林地の下草刈りや蔓切りなどの育樹活動を行いました。
背丈まで伸びた雑草や木々に絡まったつるを取り除く作業に、集中して取り組んだ甲斐あって、約1時間で植栽樹木の育成環境が整備されました。

羽咋郡(はくいぐん)志賀町の火打谷エリアでは、「森づくり」を楽しむイベントとして、森の資源を活用した体験学習に取り組みました。主催者から技術指導を受け、参加者はそれぞれ苗の大きさに合わせた穴を掘り、丁寧にクヌギの苗120本を植えていきました。また、なめこの収穫や植菌、さらにムベや白糸草、雪割草の植え付けも行いました。

山の新鮮な環境で育った「なめこ」は、スーパーで売っているものとは違って大きさもさまざまで、原木にびっしりと密集して生えていました。その様子を目の当たりにした子どもたちは、「すごい!大量だ!」「楽しい!」と興奮した声をあげ、参加者たちは収穫を楽しみました。
最後に恒例となった「めった汁」が振る舞われ、皆さんの頑張りによって活動を無事に終えられたこともあり、美味しくいただくことができました。

NTT西日本北陸グループでは、これからも森林を健全に育成し、次世代の人々へ引き継ぐための活動に取り組んでまいります。


参加者所属企業
NTT西日本北陸事業本部、NTTビジネスソリューションズ、NTTマーケティングアクト、NTTフィールドテクノ、NTTネオメイト、NTTビジネスアソシエ西日本
活動場所
金沢市夕日寺(10/28)、志賀町火打谷(11/3)
参加人数
49名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献