このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 222 第7回 葵の植栽会を上賀茂神社で実施
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 222 第7回 葵の植栽会を上賀茂神社で実施

平成29年6月3日に、里親となっていただいたNTT西日本グループ社員が育てた葵の苗を株分けし上賀茂神社へ植えなおす、葵の植栽会を上賀茂神社で行いました。

この営みは、上賀茂神社の葵祭に使われる葵が自然環境の変化や鹿の食害により用意が難しくなってきたことをうけ、平成23年に立ち上げたNTT西日本グループ全体のプロジェクトで、グループの社員・家族等が葵の里親となり、上賀茂神社の葵をオフィスや自宅などで育て、その葵を年に一度株分けし、上賀茂神社にお戻ししているものです。
今年は、NTT西日本グループ社員とその家族98名が参加し、昨年度の約2倍にあたる515株の葵が里帰りすることとなりました。

植栽に先立ち、NTT西日本黒田副社長より、NTT西日本が自社の環境負荷削減に加え、この葵の植栽のような生物多様性保全のための活動も積極的に行っていきたいとの挨拶をいただきました。
続いて上賀茂神社田中宮司より神社と葵祭の歴史の興味深いお話をいただきました。
さらに、めったに入ることのできない本殿での参拝をさせていただき、普段は体験できない荘厳な雰囲気のなかで葵を植栽しました。
植栽後には、腐葉土となる落ち葉集めや、腐葉土からふるいを使った土づくりも体験しました。

今年は、昨年度に葵の水やりのために取り付けたスプリンクラーが活躍し、植栽したばかりの葵の葉は水を浴びて生き生きと輝いていました。

閉会式では、NTT西日本佐々木京都支店長より、今年も上賀茂神社にて葵を植えることができたことについて、上賀茂神社の皆様や参加者へ感謝の言葉を述べられ、葵の植栽会を終了することができました。

NTT西日本グループは、今後も地球環境保護活動に取り組み、地球環境について考えて行きます。

ご協力いただいた上賀茂神社の皆様、NPO法人葵プロジェクト様、参加者の皆様、ありがとうございました。

実施会社
NTT西日本
参加者所属会社
NTT西日本、NTT西日本関西事業本部、NTT西日本東海事業本部、NTT西日本北陸事業本部、NTT西日本中国事業本部、NTTネオメイト、NTTマーケティングアクト、NTTビジネスアソシエ西日本、テルウェル西日本、NTTスマートコネクト、NTT西日本ビジネスフロント、関西健康管理センタ
活動場所
京都府京都市北区 上賀茂神社
参加人数
98名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献