このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 199 伊豆松崎町 石部棚田「収穫祭」に参加
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 199 伊豆松崎町 石部棚田「収穫祭」に参加

平成28年10月1日(土)、NTT西日本静岡グループは伊豆松崎町石部棚田(いしぶたなだ)の収穫祭に参加しました。
5月中旬の田植えから、約5ヶ月間地域の方々のお世話で、稲穂もすっかり頭を垂れるほど実り、田んぼ一面が美しい黄金色に変わり収穫祭を迎えることができました。

当日は、静岡市内出発時や経由地の沼津でも雨が降っており、現地も雨が降り出しそうな曇り空でしたが、静岡グループから50名が参加し稲刈り作業を体験しました。

地元の方々に稲刈りからハザ掛けまでの指導を受け、作業開始です。
鎌を使ってひと株ひと株手刈りし、4〜5束をまとめて縛り2〜3束ずつを「ハ」の字に交差させるように置いておき、次に束ねた稲を天日乾燥させるための台座「ウマ(ハザとも言う)」を田んぼの中に組んでいきます。
棚田の段差をうまく利用しながら、竹を渡していき支える足の部分は雨風で倒れないように田んぼに埋め込んでしっかりと固定し「ウマ」を完成させた後、束ねた稲を掛けていきますが、詰め込みすぎると重さに耐えきれずつぶれてしまうこともあるので、確認しながら作業を進めていきます。

ハザ掛け後は、1週間〜10日かけて天日干しして乾燥させて「脱穀」と「精米」を行います。
5月の田植えから10月の稲刈りまでの耕作作業を通じて里山保全活動を実施、延べ110名の社員やその家族が参加しました。

NTT西日本静岡グループは、今後もこの活動に積極的に取り組んでまいります。

■石部棚田の米づくり1年間の主な作業工程
@2月中旬 田おこし
A3月初旬 畦(あぜ)切り
B4月中旬 代掻き
C4月下旬 畦付け・畦塗り
D5月中旬 田植え
E7月初旬、8月下旬 草刈り・草取り
F10月初旬 稲刈り・ハザ掛け
G10月中旬 脱穀・精米

参加者所属企業
NTT西日本静岡ビジネスユニット各社、NTT西日本静岡支店、NTTビジネスソリューションズ、NTTマーケティングアクト、NTTフィールドテクノ、NTTビジネスアソシエ西日本
活動場所
伊豆松崎町 石部棚田
参加人数
50名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献