このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 167 平成28年度 第1回「アドプト・プログラム吉野川(河川清掃)」の実施
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 167 平成28年度 第1回「アドプト・プログラム吉野川(河川清掃)」の実施

平成28年4月9日(土)、今年度、第1回目となる吉野川河川敷の清掃活動 「アドプト・プログラム吉野川」を実施しました。

「みどりいっぱいプロジェクト」及び「NTT西日本クリーン作戦」の一環でもある「アドプト・プログラム」は、吉野川の河川敷を一定区間に分け、区間ごとに参加者(団体・企業など)を募り、河川敷と参加者を「養子縁組(Adopt)」するものです。
参加者は、担当地区の「里親」として、「養子」である河川敷の清掃・美化活動を年3回以上、定期的に実施します。活動場所は、吉野川左岸河口より上流1,400m〜2,000m間の堤防及び、河川敷600m区間の清掃や美化活動を行います。

当日は休日にもかかわらず、朝8時からNTT西日本徳島グループの社員や家族、退職者など101名に参加いただき、約1時間をかけて、ゴミの収集作業を行いました。

4月24日(日)には、とくしまマラソン2016を目前に控え、コース周辺の清掃及び美化活動は、徳島県とくしまマラソン実行委員会からの応援依頼もあり今回の活動となりました。
四国三郎吉野川に代表される美しい自然や景観の保護だけでなく、県民に根付く「お接待の心=おもてなしの心」で、県内外から参加されるランナーの方々をお迎えしたいとの想いから、参加者全員が気持ちを一つに清掃・美化活動に専念した1日となりました。

収集されたゴミは、燃えるゴミ約18袋、不燃ゴミ25袋、産廃処理が必要な自動車のタイヤ、コンテナ、食器、ベニア板、ゴム管、ポリバケツ、ホースリールなどプラスチック製品も多数あり、清掃後の堤防周辺や河川敷は見違えるような美しさを取り戻しました。

最後に事務局を代表して、NTT西日本徳島支店・藤見企画総務部長より、今回のアドプト吉野川の清掃活動で、4月の第1回目の実施で初めて100人を上回るボランティアの方々に参加いただけたことに対する感謝の言葉が述べられました。次いで、5月15日(日)には徳島の中心地で行われる「とくしま・まちかど花ロード(花の植樹活動)」にも多数の方にご参加をいただきたいと、挨拶されました。

最後に、美しくなった吉野川をバックにして、参加者全員で記念写真を撮影しました。参加者にとっても清掃後の景色のように、清々しく気持ちの良い1日になったと思います。

参加者所属企業
NTTビジネスソリューションズ四国支店徳島ビジネス営業部、NTTマーケティングアクト四国支店徳島営業部・CRM推進部四国116センタ・サービス推進部徳島加入権センタ、NTTフィールドテクノ四国支店徳島営業所・設備部サービス運営部門カスタマサポートセンタ四国113お客様センタ・故障統制担当、NTTネオメイト四国支店ネットワーク部広域運営センタ徳島サービス運営担当、システム運営担当、NTT西日本ビジネスフロント徳島営業所、テルウェル西日本四国支店徳島営業支店、退職者及び社員家族
事務局
NTT西日本徳島支店企画総務部企画総務担当、NTTビジネスアソシエ西日本四国支店徳島事業所
活動場所
徳島県:吉野川交流推進会議の指定場所
NTT西日本徳島支店のアドプト(養子縁組)区間
徳島市内:吉野川左岸河口から上流1400mから2000m間の堤防及び河川敷600m区間
参加人数
101名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献