このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 163 伊豆松崎町 石部棚田「田植え祭」に参加
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 163 伊豆松崎町 石部棚田「田植え祭」に参加

NTT西日本 静岡グループは5月14日(土)、伊豆の松崎町石部棚田(いしぶたなだ)の田植え祭に参加しました。
平成27年3月にNTT西日本 静岡支店と松崎町が「ICTの利活用による地域活性化・包括連携協定」を締結したことから、石部棚田の田植え祭りに参加しました。

石部棚田は、伊豆半島 西側の先端に位置し標高120〜250mの場所にあります。傾斜が急で良質な石が手に入りやすかったことから、石積みによる棚田で地形上珍しいくまとまった棚田です。
眼下には駿河湾が一望でき、晴れた日には富士山や南アルプスを望むことができる絶景もまた、魅力のひとつです。

古くは江戸時代以前から昭和30〜40年代ごろまで、盛んに耕作が行われていましたが、時代の変化に伴い耕作面積が次第に減り、平成11年には9割が耕作放棄され茅が密生していました。
この風景を見ていた地元の方々の、「先人が大変な苦労をして築き上げた棚田を、後世へと大切に守り継いでいきたい」という想いから、平成11年より棚田の復田が始まりました。

田植祭りには、県内だけでなく関東方面からも参加者が増えています。
静岡グループからは今回、子どもたち9名を含む計60名で田植祭りに参加しました。
参加者の多くが田植え初心者でしたが、地元の方々が苗のもぎ方や稲を真っ直ぐに植える方法を丁寧に指導いただいたことで、すぐにコツが掴め、植えはじめからあっという間に時間が過ぎ、棚田5区画分(500u)の田植えが完了しました。
大人も子どもも泥まみれになりましたが、普段の生活ではなかなか経験できない貴重な体験となり、農作業を通して地元の方々と交流を深めながら、伊豆・松崎町の美しい大自然を満喫することができました。

NTT西日本静岡グループでは、5月の田植え祭、10月の収穫祭の年2回行われる活動を予定しており、田植えから稲刈りまでの耕作作業を通じて、里山保全活動を実施していきます。

実施会社
NTT西日本静岡ビジネスユニット各社(NTT西日本静岡支店、NTTビジネスソリューションズ、NTTマーケティングアクト、NTTフィールドテクノ、NTTビジネスアソシエ西日本)
活動場所
伊豆松崎町 石部棚田
参加人数
60名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献