このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 137 平成27年度 吉野川一斉清掃の実施(アドプト・プログラム吉野川)
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 137 平成27年度 吉野川一斉清掃の実施(アドプト・プログラム吉野川)

LINE 137 平成27年度 吉野川一斉清掃の実施(アドプト・プログラム吉野川)

NTT西日本徳島支店及び各県域グループ会社では、吉野川交流推進会議及び国土交通省徳島河川国道事務所との共催である「吉野川一斉清掃活動」へ参加しました。

7月の河川愛護月間の行事として毎年7月の第1日曜日に恒例となっています「吉野川一斉清掃」を7月5日(日)に実施予定でしたが、当日は大雨で中止となったことにより、7月11日(土)に実施しました。

これは、ゴミ等の不法投棄の防止、河川愛護思想の普及を目的に、主に吉野川沿岸の住民の皆様にご協力頂き官民で吉野川の美化活動を行っているものです。河川に対する理解と関心を深めてもらい、また河川を常に安全で美しく利用し、河川愛護の心を広く理解してもらうために、毎年7月を河川愛護月間と定め、河川愛護思想の普及に努め昭和49年から実施している行事です。

「アドプト・プログラム」とは、吉野川の河川敷を一定区間ごとに分け、各区間ごとに参加者(団体・企業等)を募り、河川敷と参加者が「養子縁組(Adopt)」します。

参加者は、担当地区の「里親」として「養子」である河川敷の清掃・美化活動を定期的(年3回以上)に行います。
吉野川左岸河口から上流1400m〜2000m間の堤防及び河川敷600m区間を清掃・美化活動を行うものです。

休日にもかかわらず朝8時からNTTグループ会社の社員や家族、そして退職者の方など80名の方々が参加して約1時間の清掃活動を行いました。

ゴミ収集の成果として、燃えるゴミ25袋、燃えないゴミ60袋(資原ゴミ含む)、自動車のタイヤ・ゴムホース(硬質)・鉄板・流木・発泡スチロールの箱・コンテナ(プラスチック)・ビデオデッキ等など大型ゴミもあり、前回3月に実施した時よりゴミの量がたくさんあり、約1時間で大きなゴミの山ができました。

締めくくりとして、NTT西日本徳島支店の藤枝支店長より、「吉野川の清掃活動は、社会貢献活動として地域に貢献しています。吉野川が美しく、清潔に保たれ多くの人が環境への意識が高まり川を大切にする人の輪が広がることを期待します。引き続きこの活動を継続して行きますので、今後ともよろしくお願いします。」と挨拶がありました。

最後に、美しくなった吉野川をバックに全員で記念写真を撮り、参加された皆さんはきっと気持ちの良い一日であったと思います。

参加者所属企業
NTTビジネスソリューションズ四国支店徳島ビジネス営業部、NTTマーケティングアクト四国支店徳島営業部(CRM推進部四国116センタ、サービス推進部徳島加入権センタ、カスタマーソリューション事業推進部東京116部門徳島116センタ)、NTTフィールドテクノ四国支店徳島営業所(設備部サービス運営部門カスタマサポートセンタ四国113お客様センタ、故障統制担当)、NTTネオメイト四国支店ネットワーク部広域運営センタ徳島サービス運営担当、テルウェル西日本四国支店徳島営業支店
参加者
退職者及び社員家族
事務局
NTT西日本徳島支店企画総務部、NTTビジネスアソシエ西日本四国支店徳島事業所
活動場所
「徳島県庁:吉野川交流推進会議」と「NTT西日本徳島支店」が、アドプト(養子縁組)した区間、徳島市内:「吉野川左岸河口から上流1400m〜2000m区間の堤防及び河川敷600m区間」
参加人数
80名(退職者及び社員家族含む)

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献