このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 113 琵琶湖ヨシ刈り
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 113 琵琶湖ヨシ刈り

LINE 113 琵琶湖ヨシ刈り

1月25日(日)、琵琶湖の水質浄化、生態系の維持・保存を目的とした「琵琶湖ヨシ刈り」(大津市主催)に社員やその家族が70名参加いたしました。

ヨシの地下茎は一年に約5m伸び、茎は2〜6m程の高さになり、暑い夏ほどよく生長し、水流の少ないところで育ちます。
そこには泥が溜まりやすいため巻貝やかになどが生息しています。またヨシ原は、自然の浄化作用を持ち環境保護に重要な役目を果たしています。

当日は時より晴れ間も見え比較的暖かいものの、足元のぬかるみもあり、ヨシを鎌で刈り・束を作り・ローブで縛る一連の作業は、一苦労で泥まみれになりながら取り組みました。

また、ヨシ帯は、冬にヨシを刈ると「今年出る新芽の成長を助ける」、「卵などで越冬している害虫を除く」など効果があるため、毎年この時期に実施されております。

野生動物や環境保護のため、今後も継続して活動を続けていきたいと考えています。

実施会社
大津市主催、NTT西日本滋賀グループ
活動場所
大津市雄琴
参加人数
70名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献