このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 98 由布市湯布院町塚原高原の植樹活動
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 98 由布市湯布院町塚原高原の植樹活動

LINE 98 湯布院町塚原高原の植樹活動の植樹活動

由布市湯布院町塚原高原の植樹活動の「NTT西日本 大分支店の森」で、2回目の植樹活動を行いました。

昨年11月に「企業参画の森林(もり)づくり」に関する協定を締結した湯布院町塚原高原の「NTT西日本 大分支店の森」で、11月8日、社員・家族など45人が参加して植樹活動を行いました。
昨年に続き2回目です。

「企業参画の森林(もり)づくり」は、大分県が提唱する県民総参加の森林づくり活動の一環として、森林整備活動に企業が参画することにより、森林の有する国土の保全、水源の涵養、地球温暖化防止等の様々な機能発揮に貢献することを目的としています。

大分支店は、昨年11月、大分県中部振興局立会いのもと、由布市、おおいた森林組合と「企業参画の森林(もり)づくり」に関する5年間の協定を締結し、昨年は、協定区域内0.3haに450本の苗木を植えました。

今年は、残りの0.2haで植樹を実施。おおいた森林組合の指導で緩傾斜地に深さ30cmの植穴を掘り、もみじやカエデ、桜、コナラなど広葉樹の苗木300本を植えました。植え付け後は、山間地の強風から守るため添木にしっかりと結び付け、苗木の成長を願いました。

来年以降は、協定区域0.5haで下刈りを実施します。

実施会社
NTT西日本大分グループ
活動場所
由布市湯布院町塚原高原
参加人数
45名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献