このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 65 北陸“葵”の里親会
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 65 北陸“葵”の里親会

LINE 65 北陸“葵”の里親会

先般、NTT西日本グループ葵プロジェクト 平成26年度里親募集があり、北陸カンパニーから里親に応募されたみなさんにお集まりいただき、6月2日(月)、出羽町ビルで「葵の新株お渡し式」を開催しました。
お渡し式では、大きな鉢への植替え教室を行い、里親のみなさんが持参した自分の鉢にその場で植え替えを行いました。里親のみなさんが育てた葵は、京都の葵祭で使用できるよう、来年春に株分けし、上賀茂神社に栽植します。
北陸カンパニーでは、今年度63名の新里親が誕生しました。先の上賀茂神社境内での植栽会には北陸から「3株」の植栽でしたが、来年春の植栽会には、「30株以上の株分け」を目標にしています。
「北陸“葵”の里親会」では、会員同志の情報交換やイベントを通じ、コミュニケーションを深め、みんなで楽しく葵を育てていきたいと思っています。事務局では、里親のみなさまと葵のために「出羽町桜の木の下託児所」、「出羽町葵診療所」を設けました。困ったことがあったら、お気軽にご相談ください。
それでは、株分けまで1年間、よろしくお願いいたします。



※「NTT西日本グループ葵プロジェクト」とは

約1500年前に起源がある葵祭りを飾る“葵”は、昔は京都の賀茂別雷神社(別名:上賀茂神社)境内をはじめ、近隣の山林や周辺にも、あたりまえに自生していましたが、地球温暖化や自然環境の変化、特に最近では鹿の食害により減少してきています。NTT西日本グループでは、平成23年2月より「NTT西日本グループ葵プロジェクト」として、NTT西日本グループに勤務する社員とそのご家族が葵の里親となり、職場や自宅において葵の生育をおこない、その育てた葵を株分けして上賀茂神社境内への植栽活動を実施しています。

実施会社
NTT西日本 北陸カンパニー
活動場所
里親会 会員自宅
お渡し式の開催会場 金沢市内NTT出羽町ビル敷地内「出羽町桜の木の下託児所」
参加人数
今年度の新里親 63名
お渡し式出席者 25名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献