このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 21 「葵プロジェクト」葵の里帰り植栽会を実施
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 21 「葵プロジェクト」葵の里帰り植栽会を実施

LINE 21 「葵プロジェクト」葵の里帰り植栽会を実施/2013.5.19 NTT西日本 本社

第3回NTT西日本グループ葵プロジェクト植栽会を平成25年5月19日に実施しました。

約1500年前に起源がある葵祭りを飾る葵は、昔は境内をはじめ、あたりまえに自生していましたが、地球温暖化や自然環境の変化、特に最近では鹿の食害により、賀茂別雷神社境内だけではなく、近隣の山林や周辺でも減少してきています。

NTT西日本グループでは、3年前の平成23年2月24日より「NTT西日本グループ葵プロジェクト」として、AFUHIプロジェクト様、賀茂別雷神社様と、植栽活動・里親活動を開始しています。

NTT西日本グループに勤務する社員とそのご家族が葵の里親となり、職場や自宅において葵の生育をおこない、その育てた葵を株分けして上賀茂神社境内の葵の森に植栽しています。これまで延べ1300名が里親として活動しています。今年は西日本全国各地の里親から約150株が集まりました。当日は午後からあいにくの雨に見舞われましたが、63名もの参加者が集まり、上賀茂神社での御祓い、祈祷の後に、里親の皆様の「里帰りして元気に育って欲しい」という思いとともに、葵の苗を大事に植栽しました。

また、今年も新規に里親の募集をしたところ、約750名の応募がありました。これまでの葵の育成に成功した社員の情報を共有して、もっと植栽できる苗を増やしていきたいと思います。

植栽日まで、ご協力いただいたAFUHIプロジェクトの皆様、賀茂別雷神社宮司 田中安比呂様、権禰宜 村松晃男様をはじめとする神社の皆様にもありがたいお言葉や、感謝状をいただき、ありがとうございました。

上賀茂神社境内が昔のように二葉葵でいっぱいになるように、今後もこの活動を「みどりいっぱいプロジェクト」の活動として推進していきます。

活動場所
京都府京都市北区
参加人数
約63名

AFUIプロジェクト URL:http://www.afuhi.jp/


関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献