このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 環境年次報告 の中の 環境年次報告2017 の中の みどりいっぱいプロジェクト活動
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

みどりいっぱいプロジェクト活動

みどりいっぱいプロジェクト活動

全府県、参加者1万人を目標として、18府県、約2,000人から始まった活動は、2016年度は全30府県、10,472人の活動となり、3年連続で1万人を達成しました。
今後も引き続き、自治体・NPO法人などと連携し、地域の生物多様性保全活動に積極的に取り組んでいきます。

2016年度における主な活動についてはこちらをご覧ください。


社員の声

「藺牟田池(いむたいけ)外来魚駆除活動」を実施

NTTビジネスアソシエ西日本 九州支店
鹿児島事業所 地域ふれあい促進室
真邉 いづみ

NTT西日本鹿児島グループは2015年より、「みどりいっぱいプロジェクト」の一環として、「外来魚駆除活動」に取り組んでいます。
2016年度は、ラムサール条約の登録湿地であり、国内希少野生動物種に指定されている「ベッコウトンボ」の生息地として有名な薩摩川内(さつませんだい)市の藺牟田池自然公園で実施しました。
この活動は、従来の豊かな生態系を取り戻すことを目的に、在来生物に大きな影響を与えると考えられているブルーギルなどの外来魚を駆除するものです。前年は鹿児島市直木町にある「松元ダム」で同様の外来魚駆除活動を実施、今回で2回目となります。当日は、NTT鹿児島グループの社員やその家族など約90名が集い、夏休み期間中ということもあり、子ども連れでの参加も多く見られました。
約2時間の駆除活動ではブルーギル143匹をはじめ、ブラックバスや雷魚なども釣り上げられました。閉会式に行われた抽選会も大いに盛り上がり、子どもたちにとっては夏休みの良い思い出になったと思います。また当日は、テレビ局2社並びに新聞社の取材も入り、夕方には本活動の模様がオンエアされました。
NTT西日本鹿児島グループでは今後も地域に密着した環境保全活動動をはじめ、生物多様性保全にも積極的に取り組んでまいります。

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献