このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 最近の主な取り組み の中の 省エネを追求した都市型データセンター「ミスト併用直接外気空冷システム(仮称)」の運用トライアルについて
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

省エネを追求した都市型データセンター「ミスト併用直接外気空冷システム(仮称)」の運用トライアルについて

最近の主な取り組み 省エネを追求した都市型データセンター「ミスト併用直接外気空冷システム(仮称)」の運用トライアルについて

エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社は、省エネを追求した都市型データセンター「ミスト併用直接外気空冷システム(仮称)」の運用トライアルを大阪市内のデータセンタービルで10月21日から開始しました。(実証実験はエヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社と株式会社NTTファシリティーズが共同で実施しております。)

「ミスト併用直接外気空冷システム(仮称)」は「空冷ヒートポンプパッケージによる従来からの空調機冷却システム」に、「直接外気冷房システム」と「ミスト噴霧による蒸発冷却システム」を組み合わせたシステムです。外気の温湿度条件にあわせて効率的にシステムを制御することでデータセンターの空調消費電力の削減を図ります。


▽省エネルギー

  1. 直接外気冷房により空調消費電力の削減を図ります。
  2. ミスト噴霧により取り入れ外気の温度を低下させることで、外気冷房の適用期間拡大を図ります。従来の外気冷房を使用しない空調方式に比べ、外気冷房を使用することで37%削減、さらにミスト噴霧を併用することで8%削減、合計45%の空調消費電力の削減が見込まれています。
    さらに、ミスト噴霧で空調室外機の吸気温度低下により排熱温度を低下させ、これにより都市のヒートアイランド現象を抑制し、かつ消費電力の低下によりデータセンターも省エネで、周りの環境にもいいデータセンターとなることが期待されます。


詳しくは、下記URLまで

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献