このページを閉じる

「INSネット」をご利用の事業者さまへ 「ディジタル通信モード」は、2024年1月にサービスを終了いたします。

EDI(電子商取引)

EDI(電子商取引)でご利用の場合

現在のご利用イメージ

イメージ

お取引先企業等の移行対応状況を
ご確認のうえ、ご利用中のEDIシステムの
導入会社または保守会社にご相談ください。

業種・業界※1 流通 IT・エレクトロニクス 石油化学 医薬品
主な標準方式※2
(インターネット対応)
流通BMS ECALGA JPCA-BP / CeS JD-NET
主な推進/管理業界団体 (一財)流通システム開発センター等 (社)電子情報技術産業協会 石油化学工業協会(CEDI) JD-NET協議会
  1. 上記、業種・業界は一例となります。
  2. 2018年12月から、企業間のEDI(電子商取引)においてやり取りされる受発注情報を振込に添付できるようにする全銀EDIシステム(ZEDI)が稼働されましたのでご確認ください。詳しくは、全国銀行協会のホームページをご確認ください。ZEDIを利用できる金融機関はこちらをご確認ください。

移行後のご利用イメージ (以下の他にも移行パターンはございます)

インターネットを介したデータの発信/受信となります。

イメージ
移行にあたっては、それぞれのサービスに応じて契約料・工事費・月額利用料・対応機器等が必要になる場合があります。また、端末・機器・システムの変更が必要になる場合があります。移行後、現在のご利用環境と同じ環境が実現できない場合もあります。

【「フレッツ光」について】

  • インターネットのご利用には、プロバイダーとの契約・料金が必要です。
  • サービス提供エリアであっても、利用できない場合があります。エリアについては、お問い合わせいただくか、こちらをご確認ください。
  • 設備の状況等により、サービスの利用をお待ちいただく場合やサービスを利用できない場合があります。
  • 移行後のご利用イメージについては、一部に「フレッツ光」を記載しておりますが、他事業者および光コラボレーション事業者が提供する光回線やモバイル回線で移行できる場合もございますので、あわせてご検討ください。

EDIシステムに関するご相談はこちら

ページの先頭へ戻る

審査 19-197-1