このページの本文へ移動

ここから本文です。

IP網移行の概要

2023年12月時点の情報です。

2024年以降の固定電話
(加入電話・INSネット)について

電話を提供するNTT西日本の局内設備を2024年1月1日以降に切替えいたします。お手続きや、ご自宅等のご利用場所での工事は不要です。現在ご利用中の電話番号・電話機はそのまま使えます。通話料金は全国一律9.35円/3分※等へ変更となります。一部仕様変更、または使えなくなるサービスがあります。
  • NTT西日本・NTT東日本の切替後の加入電話・INSネット・「ひかり電話」「ひかり電話ネクスト」「光回線電話」及び「コラボ光ひかり電話(ひかり電話ネクスト含む)」(テレビ電話・データコネクト・データコネクト通信中の音声通話は除く)、他社加入電話、他社IP電話(050番号への通話を除く)へ発信の場合。携帯電話等への通話料金は異なります。

モバイル・ブロードバンドの進展によるコミュニケーション手段の多様化に伴い、固定電話(加入電話・INSネット)の契約数等が減少し、電話サービスのために用いられている公衆交換電話網(PSTN)の設備(中継交換機・信号交換機)が2025年頃に維持限界を迎えることから、2024年1月1日以降に固定電話(加入電話・INSネット)の設備切替をいたします。

固定電話(加入電話・INSネット)の需要の減少 PSTN交換機の維持限界の到来

設備切替の仕組み

2025年頃に中継・信号交換機が維持限界を迎える中、PSTNの設備を切り替えます。

中継/信号交換機をIP化、メタルケーブルを継続利用(加入者交換機をメタル収容装置として活用)、他事業者とはIPで接続

2024年以降の技術参考資料

  1. 2024年以降の加入電話サービスの技術参考資料については、こちらをご確認ください。
  2. 2024年以降のINSネットサービスの技術参考資料については、こちらをご確認ください
    (各分冊掲載ページの下部よりご確認いただくことが可能です。)
  3. 2024年以降の技術参考資料に関する問い合わせについては、こちらからお願いします。

【概要編】「2024年1月:固定電話局内設備の切替えについて」

この動画では、2024年1月から予定されている固定電話の局内設備切替えについてご説明いたします。
ぜひこの動画を視聴していただき、必要に応じたご対応をお願いします。

審査23-1027【241231】

動画で詳細を
確認する