注目!トレンドキーワード

  1. NTT西日本 公共・法人HOME
  2. 最適経営のヒント
  3. 注目!トレンドキーワード
仮想化
(Virtualization)
「仮想化」とは、例えば1台のサーバーをあたかも複数台のサーバーのように機能させたり、逆に、複数のハードディスクを1台のハードディスクのように扱って大容量化したりする技術のことです。
(2011年3月)
シンクライアント
(Thin Client)
シンクライアントとは、エンドユーザーが使う端末側の機能を敢えて絞り込み、サーバー側に機能を集約したコンピューターシステムのことです。端末に、記憶装置を持たないなど機能が"薄い"(thin)機器を使うことからその名が付けられており、企業や自治体の情報システムのセキュリティー強化や、運用までを含めたトータルコストの低減を目的に導入が広がりつつあります。
(2010年3月)
Webマーケティング
(ウェブマーケティング)
Webマーケティングとは、インターネットを活用した宣伝・販売促進などの活動です。消費者ニーズが多様化する中でも、一人ひとりの消費者にきめ細かく商品やサービスを提案できる方法と言われています。
(2010年3月)
QoS
(キューオーエス、Quality of Service:クオリティオブサービス)
QoSとは、ネットワーク上で提供する機能を安定的に稼働させるために行う、サービス品質管理技術です。ネットワークで扱うデータの多様化が進んだことで、個々のデータの特性に応じたQoSの提供が重要になっています。
(2010年3月)
CTI
(シーティーアイ、Computer Telephony Integration;コンピューターテレフォニーインテグレーション)
CTIとは、コンピューターシステムと電話網をつなぎ、電話応対業務の高度化を実現するシステムです。消費者への細かな対応が企業の評判を左右するようになる中、コールセンターなど企業の電話対応窓口でCTIの利用拡大を図る動きが顕著になっています。
(2010年1月)
BCP
(ビーシーピー、Business Continuity Plan;ビジネスコンティニュイティープラン)
BCPとは日本語訳の「事業継続計画」という名のとおり、緊急時にいち早く事業を再開させるための行動計画のことです。自然災害や事故、集団感染など企業活動の停止に迫られる事態が発生した時のために、必要な復旧体制などを規定しています。
(2010年1月)
クラウドコンピューティング
(cloud computing)
コンピューターシステムをユーザー自身が所有するのではなく、インターネットを介して多くのユーザーがシステムを共有するのが「クラウドコンピューティング」です。システムが固定的なものではなく、拡散した大気のようなサイバースペースの中にあることから、その名が付いています。
(2009年11月)
PAGETOP

審査 16-2826-1

Copyright(C) 1999-2017 西日本電信電話株式会社
バックナンバー RSS