【ご利用料金が5,000円(税込)未満の場合の翌月合算について】

現在お客さまにご利用いただいております、加入電話(電話サービス)およびフレッツ光(FTTHアクセスサービス)等のご請求につきまして、平成30年11月のご請求分より、奇数請求月(1・3・5・7・9・11月)のご請求額が5,000円(税込)未満の場合は、翌月の偶数月(2・4・6・8・10・12月)に2ヵ月分まとめてご請求させていただきます。

詳しくはこちら

空いたらお知らせ159(オプション)

空いたらお知らせ159とは事前のお申し込み不要で、電話をかけた相手がお話中の際、簡単なダイヤル操作で登録しておくと、お話しが終了した時点でその旨を音声でお知らせするサービスです。

ご利用条件

  1. 空いたらお知らせ159をご利用いただけるのは、加入電話(単独電話、ただしピンク電話を除く)(電話サービス)およびINSネット(総合デジタル通信サービス)(通話モード利用時)のご契約者です。
  2. お客さまのお住まいの地域により、ご利用いただけない場合があります。

他のサービスとの関係

加入電話のお客さま

ダイヤルインサービス(オプション)、ノーリンギング通信サービス(センター側)、発着信専用機能、テレゴング(オプション) *、テレドーム(オプション) *などをご契約のお客さまはご利用なれません。

INSネットのお客さま

INSネットで発着信専用サービス、メンバーズネット(オプション) *(オンネット利用時)、テレゴング(オプション) *、テレドーム(オプション) *などをご契約のお客さまはご利用なれません。

  • * については、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社が提供する商品です。

ご利用上の注意

  1. 相手の電話番号がINSネット、フリーアクセス(オプション)、フリーダイヤル(オプション)、携帯電話、PHS、IP電話などの場合は登録できません。また、チケット予約などで大量の通話が発生した場合など、登録できないことがあります。
  2. 転送でんわ、ボイスワープ、ボイスワープセレクト(いずれもオプション)などをご契約のお客さまが転送の設定をされている場合でも「お話し終了のお知らせ」は転送されません。
  3. 登録する相手の電話番号が代表機能をご利用の場合、代表の最終子番号が着信可能となった時点で「お話し終了のお知らせ」をいたします。
  4. 他の中継系電話会社をご利用になって相手の方がお話し中だった場合でも登録の対象になります。
  5. 「159」に続けて「3」をダイヤルし、登録した相手に電話をかけなおす場合は、お話し中だった時にご利用の電話会社を選択します。
  6. 「159」に続けて「1」をダイヤルし、登録が完了した時点で、ご利用料金30円(税抜)がかかります。
  7. ご利用料金は1か月分の合計額を、ダイヤル通話料等に加えて毎月の請求書でご請求いたします。
  8. INSネットで空いたらお知らせ159をご利用の場合は、お客さまがご利用のTAなどの情報機器がスティミュラスプロトコル手順(キーパッドプロトコル手順)に対応している必要があります。
  9. INSネットをご利用のお客さまでダイヤルインサービスまたはi・ナンバー(いずれもオプション)をご利用の場合は、ご利用の情報機器(ターミナルアダプター(TA)等)のアナログポートごとに「発信者番号の設定」を行う必要があります。正しく設定されていないと空いたらお知らせ159をご利用になれない場合があります。
  10. 情報機器(PBX、ビジネスフォンなど)の機種および、その設定によっては、「159」をダイヤルした場合、発信規制機能、料金管理機能、ACR機能などが働かなくなる場合がありますので、各メーカもしくは、各中継系電話会社などへお問合せください。
  11. 「お話し中終了のお知らせ」等は通常と異なる呼び出し音となります。(ただし、電話機によっては通常の呼び出し音となります)なお、なりわけサービスをご契約の場合、「お話し終了のお知らせ」等となりわけサービスの呼び出し音が同じ音であり、識別できません。

ページの先頭へ戻る

審査 18-1856-1