Netcommunity OG400X/800X

ソフトウェア(ファームウェア)
4.0.3.0
(2019/03/29)

ご覧になりたい項目をクリックしてください。詳細をご案内いたします。

対象機種

  • 製造コードが「423」である以下の機器
    ・Netcommunity OG400Xa
    ・Netcommunity OG400Xi
    ・Netcommunity OG800Xa
    ・Netcommunity OG800Xi

    ※ 機器の確認方法についてはこちら

機能追加・修正内容

ファームウェア Version 4.0.3.0

  • セキュリティ設定(ステルスモード)を『有効』から『無効』に変更する場合に、機器設定用ログインパスワードの変更を必須とするように仕様変更しました。

    注意:機器設定用ログインパスワードを初期値より変更していない状態で、セキュリティ設定(ステルスモード)を『無効』にされている場合は、 本ファームウェア適用後、自動的に『有効』に設定変更されます。
    遠隔からのWeb設定等のため、セキュリティ設定(ステルスモード)を『無効』にする必要がある場合は、ファームウェア適用後、ログインパスワードを変更した上で、改めてセキュリティ設定(ステルスモード)の設定変更を行ってください。

  • セキュリティ設定(ステルスモード)を『無効』に変更することなく、PPPoEのPING応答ができるように、新たに「ICMPv4/v6 Echo Reply機能」の設定を追加しました。

バージョンアップ方法

本商品は、自動バージョンアップ、手動(ローカル)バージョンアップが可能です。 なお、手動(ローカル)バージョンアップに設定されている場合、お客様のご用命により、対象商品のバージョンアップ作業、設定変更作業等を弊社にて承ります。

自動バージョンアップ

  • 「自動ファームウェア更新」の設定が「有効(初期値)」となっている場合は、以下の自動バージョンアップ実施日以降、最新ファームウェアを自動的にダウンロードして更新を行い、再起動します。「自動ファームウェア更新」の設定が「無効」となっている場合は、お客様自身により手動で再起動を実施していただくことにより、バージョンアップされます。

    【自動バージョンアップ実施日】
    2019年4月23日以降、順次実施いたします。

手動(ローカル)バージョンアップ

  • ローカルでファームウェアをダウンロード、手動でのバージョンアップを設定されている場合、対象商品の最新版ファームウェアをダウンロードいただき、以下に掲載する操作手順書をご覧の上、バージョンアップを実施してください。

工事によるバージョンアップ

  • NTT西日本にバージョンアップ作業及び設定変更作業をご用命いただく場合は、別途工事費を承ります。

注意事項

  • バージョンアップを実施した場合は、約1分程度の再起動が必要となります。なお、再起動中は、現在ご利用中の電話機システムがご利用できなくなりますのであらかじめご了承ください。

    ※ 再起動に必要となる時間は概ねの目安です。お客様のご利用状況により異なる場合がございます。


  • 稼動中の機器の場合、自動バージョンアップが行われる際、機器は午前3時(初期設定)から2時間以内(親GW・単独モードの場合は自動更新時間+60~119分のランダムタイミング、子GWモードの場合は自動更新時間+0~59分のランダムタイミング)に再起動を行います。

  • 再起動について、無通話監視を行った上で再起動が実施されるため、確立済の通話呼が切断されることはありませんが、通信(インターネット接続、PPPoE接続等)は切断されます。また再起動中は通話/通信が不可となります。

  • 下部に接続するビジネスフォン等の発信番号登録については、市外局番を含めて契約している電話番号を正しく登録してください。正しく登録されていない場合、予期しない契約番号での発信や、発信できない場合がございます。

ダウンロードファイル

※ 青文字の部分を右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してダウンロードしてください。ダウンロードファイルがテキスト形式で保存される場合がございます。その場合は、テキストファイルの拡張子を削除の上、ご活用ください。

※ 青文字の部分を右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してダウンロードしてください。

バージョンアップ履歴 (製造コード「422」である機器)

バージョンアップ履歴 (製造コード「423」である機器)

ビジネス商品カテゴリー