このページの本文へ移動

ここから本文です。

テレワーク導入サポート

電話転送パソコン接続など
テレワーク導入おまかせ
西日本では、ICT(情報通信技術)を利用したテレワーク(リモートワーク)の導入サポートを行っています。様々なサービスからお客さまのご要望にあった最適なプランを提案いたします。
  • 自宅でも会社の電話番号で発着信
  • 在宅勤務で会社のパソコンに接続
  • 社員のパソコンでの勤務状況を把握 など

テレワークの導入に関するご相談はこちら

0120-765-000
9:00~17:00  休業日:土曜・日曜・祝日、年末年始
※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いいたします。

1
電話対応・ビジネスチャット

電話対応
会社の電話番号をスマートフォンで利用したい

テレワーク中の電話対応として「ひかり電話クラウドPBX」や「モバイル内線アダプタMB510」をご紹介します。
これらのサービスを導入すれば、会社と同じ番号でスマートフォンで発着信できるようになります。
PBXを利用中または検討中の方は「ひかりクラウドPBX」がおすすめです。
対応しているビジネスフォン(※1)をご利用の場合は「モバイル内線アダプタMB510」を導入いただくことも可能です。

  1. NTT西日本が提供するビジネスフォンのうち、MB510に対応している機種は、αA1、αN1、αZXの3機種となります。

着信した電話の転送だけなら「ボイスワープ」

加入電話・INSネット・ひかり電話のオプションサービスで、
かかってきた電話をあらかじめ設定しておいた電話番号に転送することができます。

ビジネスチャット
テレワーク環境でもコミュニケーションを活性化させたい

2
リモート接続・ネットワーク環境

リモート接続
自宅から会社のパソコンやサーバーに接続したい

ネットワーク接続
ネットワーク環境を見直したい

3
業務管理・その他

テレワーク関連情報

テレワーク関連記事

NTT西日本が提供するビジネス情報サイト(BizClip)から、テレワークに関する記事をご紹介します。

    テレワーク関連イベント・セミナー

    NTT西日本が開催するイベント・セミナーから、テレワークに関するものをご紹介します。

    テレワーク関連資料

    • 調査レポート

      ニューノーマル時代の「就業意識調査」2021
      経営者や管理職が知っておきたいコロナで変わる働き方への意識と本音

    • インタビュー記事

      小室淑恵が掲げる、アフターコロナの働き方改革とは

    • 調査レポート

      テレワークでセキュリティリスクが増加
      「ニューノーマルな働き方」を守るサイバー攻撃対策ガイド

    テレワークQ&A

    テレワークとは何ですか?

    テレワークは、ICT(情報通信技術)を活用してオフィス以外の場所で勤務を行うことです。在宅勤務のほかに、ホテルやカフェなどで働くモバイルワークや、本拠地から離れた共有オフィスで働くサテライトオフィスといった種類があります。リモートワークも同じ意味です。場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を実現できる方法として注目されています。

    パソコンやネットワークなどテレワーク環境はどのように準備すればいいですか?

    テレワークの方法に応じて必要な環境は異なります。テレワークの方法としては、テレワーク用のパソコンを社員に配布する方法、社員の自宅パソコンから会社のパソコンにセキュアに接続する方法、データセンターで仮想デスクトップ環境を構築する方法、などがあります。
    NTT西日本では、様々なサービスからお客さまの要望にあった最適なプランを提案いたします。

    電話対応のための出社をなくす方法はありませんか?

    大きく分けて2つの方法があります。

    1つめは、会社支給のスマートフォンを利用する方法です。各社員が自由に電話できるようになりますが、相手先に各社員ごとの電話番号を伝える必要があります。また、会社の代表番号にかかってきた電話には対応できません。

    2つめは、会社の電話を個人のスマートフォンで取次できるサービスを利用する方法です。こちらの方法であれば、会社の代表番号にかかってきた電話にもそれぞれのスマートフォンで受信できます。また、個人のスマートフォンから会社の代表番号で発信することもできます。個人のスマートフォンを内線として使用することができるので、通信料の立替清算は必要ありません。

    詳しくはこちらの「クラウドPBX」をご確認ください。

    社員の勤務状況の把握やコミュニケーションはどうしたらいいですか?

    テレワーク中のコミュニケーションを円滑にするには、チャットの活用をおすすめします。NTTグループ公式ビジネスチャット「elgana」なら、国内データセンター運用でセキュリティ機能も充実しているため、ビジネスでも安心してご利用いただけます。

    社員の勤務状況の把握は、チャットでも可能ですが毎日徹底するのは大変なので、専用のツールの導入をおすすめします。NTT西日本が提供する「おまかせAI 働き方みえ~る」なら、パソコン業務における働き方の全体像や月ごとの変化、社員別の業務時間実績をレポートにするので、スムーズに勤怠把握できます。

    テレワーク環境下のセキュリティ対策はどのようにしたらいいですか?

    例えば、手元端末にオフィスパソコンのデスクトップ画面を呼び出して操作することで端末自体にデータを残さない方法や、自宅と会社の間にVPN環境を構築しセキュアな網での通信を実現する方法など、対策はさまざまです。NTT西日本では、セキュリティ対策が不安なお客さまでも安心してご利用いただけるよう、最適なサービスをご提案いたします。