このページの本文へ移動

ここから本文です。

地方創生クラウド

地域創生クラウドとは、
NTT西日本グループが持つ各地域の
データセンターなどの設備、
地域密着のサポート力に加え、
有力なパートナー企業の先進性の高い
クラウド技術を組み合わせた、
地域における情報集積プラットフォームです。

SERVICE サービス概要

NTT西日本の堅牢なデータセンターに、マイクロソフトの先進性の高いパブリッククラウド「Microsoft Azure」と同様の技術からなる「Microsoft Azure Stack Hub」基盤を配備し、データの所在を地域内で明確にするとともに、地域の閉域ネットワーク網や学術情報ネットワーク等と接続することで、高セキュアかつ低遅延なクラウドサービスをご利用いただけます。
地域のパートナー企業さまと積極的に連携し、地域の課題解決に資するソリューションなどを組み合わせてトータルでご提供します。

  • ※NTT西日本の地域データセンターから地域創生クラウドへ接続可能な府県は以下の通り。
    今後西日本エリア30府県へ拡大していく予定です。
    京都府、鳥取県、愛知県(2020年12月現在)
    また、学術情報ネットワーク(SINET)接続をご利用のお客さまは、全国に設置されたSINETの接続点を経由して、上記府県のいずれの基盤もご利用可能です。
  • ※Microsoft, Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
犬 イラスト

FEATURES 特 長

地域創生クラウドの特徴
  1. 地域に根ざしたクラウド基盤

    NTT西日本が所有する各地域の堅牢なデータセンターを活用することで、お客さまのデータを地域でお預かりし、安心して保管・ご利用いただけます。

  2. 地域の各種ネットワークとの接続

    地域の情報ハイウェイ※1や、学術情報ネットワーク(SINET※2)等と接続し、高セキュアかつ低遅延なクラウドサービスを安価な通信コストでご利用いただけます。

  3. 地域の課題解決に資する
    ソリューションの提供

    地域のパートナー企業さまと連携し、自治体や大学、企業向けのシステムや、デジタルトランスフォーメーションを実現する有益なアプリケーションなど、お客さまのご要望に応じた、地域に最適なソリューションをご提供します。

  1. ※1 各自治体が整備する情報通信ネットワーク
  2. ※2 日本全国の大学、研究機関等の学術情報基盤として、国立情報学研究所(NII)が構築、運用している情報通信ネットワーク

PRICE 価 格

初期費用、サービス利用料:個別にお見積りいたします。

お問い合わせ弊社営業担当までお問い合わせください。
審査 CS20-14-2