このページの本文へ移動

ここから本文です。

ビジネスネットワークパートナー再販プログラム

再販パートナープログラムのメリット

エンドユーザーさまにNTT西日本の高品質なビジネスネットワークを、パートナー企業さまの商材と共にワンストップで提供できるアライアンススキームです。

THREE MERIT

本プログラムの3つのメリットは?

Regional Service

地域限定サービス

パートナー企業さまの
状況や構成に応じた
ラインナップが豊富です。
Special Price

特別価格での提供

パートナー企業さまの
ストックビジネスを
実現します。
Unitarily

一元的に対応

ネットワーク開通時の
工事や保守は
NTT西日本が対応します。

対象サービス

ベストエフォート型

フレッツ・VPN ワイド

  • 高いセキュリティを確保した閉域VPNサービス
  • ご契約回線以外からは接続できない回線認証方式
  • 簡易かつリーズナブルなプライベートネットワークの構築が可能

詳しくはこちら

フレッツ・VPN プライオ

  • 遅延の発生しにくい安定したVPN通信
  • 高セキュリティーなIPネットワーク
  • お客さまのLAN環境はそのままで導入が可能

詳しくはこちら

ギャランティ型

ビジネスイーサ ワイド

  • 中継区間、アクセス区間までの冗長構成により、安定性のある通信を提供
  • 故障発生時のお客さまへの素早い通知および復旧対応
  • 高水準のSLA(サービス品質保証)

詳しくはこちら

再販パートナープログラムについて

活用事例
  • 対象サービスは、フレッツ・VPN ワイド、フレッツ・VPN プライオ、ビジネスイーサ ワイドとなります。なお、フレッツ・VPN ワイド、フレッツ・VPN プライオのアクセス回線においては、フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ(ファミリー・ハイスピードタイプ、ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼を含みます)となります。
  • 回線名義はパートナー企業さま名義となります。

活用事例

活用事例

パートナーさまの声

パートナーさまのお声①
多様化するニーズにNW再販で応える

日本通信ネットワーク株式会社(以下、NTN)
大阪支店 営業部長 田中嘉彦さま

日本通信ネットワーク株式会社(以下、NTN)大阪支店 営業部長 田中嘉彦さま
現在、NTNさまではどのような事業を展開されていますか。
主に中堅中小企業をメインターゲットに、複数の通信事業社のネットワークやクラウドサービス、ルーターをはじめとした機器を組み合わせ、現状ヒアリングから設計・構築から運用、保守までをお客さまに代わってワンストップでご提供しています。ワンストップ提供により、ネットワーク全体の保守を一括で受け付けたり、各通信事業社の請求書を一元化できたりする点はお客さまにもメリットとなります。お客さまの中には自社の通信関連が手薄な「ひとり情シス」のようなところもありますので、細かなニーズに対応したトータルサポートは大きな支持を頂いており、またNTTグループ各社等の通信事業者やSIerの方々からも高い評価と信頼を頂いております。
NTT西日本商材の再販パートナープログラムを活用して、どのようなネットワークサービスを提供されていますか。
日本通信ネットワーク株式会社 大阪支店 営業部長 田中嘉彦さま01拠点が西日本エリアで閉じる案件や自治体や金融など、お客さまの基幹を担う回線にセキュリティ品質を求められるお客さまからはビジネスイーサ ワイドをご要望されることが多いです。お客さまのニーズや状況に合わせてフレッツ・VPN ワイド、フレッツ・VPN プライオもお取り扱いをしています。NTT西日本グループ会社であるNTTスマートコネクト社やNTTネオメイト社の商材も取引があり、クラウド接続等の需要にもお応えしています。

また、弊社からSIerさまにネットワーク商材を販売し、SIerさまからエンドユーザーに提供頂く「再々販」のようなパターンもあります。煩雑な契約事務や工事の日程調整、開通立ち合い等を弊社で行うことでSIerさまの負担も軽減できます。
数あるネットワーク商材のなかでNTT西日本のサービスを選択した理由は何ですか。
拠点が西エリア、もしくは府県内に閉じる案件ではNTT西日本商材はメニューが充実しており、値段も競争力があります。クラウド系やモバイルサービスもNTTグループ各社で用意できます。また、お客さまから「フレッツ系商材にしてください」と要望を受けることも多く、ブランド力もやはり魅力です。そんな中でも1番の利点は保守運用の際の駆け付け拠点の多さ(約200拠点)ですね。故障からの回復時間の早さにもつながっています。通信事業というのは導入後のメンテナンスや故障の時の対応が、お客さまの評価の最大のポイントだと思っているので、そこはNTT西日本であれば間違いないです。
NTT西日本と協業して良かった点はありますか?
お客さまへの提案の際は、NTT西日本さまの担当者の方に仕様や見積もりの相談にのって頂いたり、技術的な質問にも答えて頂いています。また、新商品がリリースされた際にはいちはやく商材勉強会を開催してくださいます。また、弊社内会議等にも定期的にNTT西日本さまにご出席頂くなど、普段から密に連携しフォローして頂ける体制が整っている点は非常にありがたいです。
NTNさまにおいては、NTT西日本からの再販を活用したうえでさらに別の事業者さまとも組んでサービス提供する事例もあると伺っております。
日本通信ネットワーク株式会社 大阪支店 営業部長 田中嘉彦さま02はい。例えば、ある医療系クラウド事業者が扱う、医療機関向けのクラウドサービスは元々インターネット経由で接続していましたが、医療機関の求める高いレベルでのセキュリティを実現するため、NTT西日本の「フレッツ・VPN プライオ」とNTTスマートコネクトの「クラウド クロス コネクト」を使用する閉域網プランを追加することとなりました。弊社は上記のサービスを一括してシステムインテグレーションのうえ各医療機関等に提供しています。クラウド事業者さまについてはネットワークの運用について不安をお持ちの企業も多いため、弊社が構築、工事、保守等の現場作業や請求等の事務処理を担っています。このように他のクラウド事業者さまとアライアンスを組み、クラウドサービスとそれを支えるネットワークサービスを一括で提供する形もあります。単独でNTT商材を扱うのに不安があるクラウド事業者さまでも、弊社を間に挟むソリューションもありますし、どういった形でのサービス提供が適しているかはNTT西日本の営業担当者が丁寧に相談にのってくれます。弊社としても協力できる部分はありますが、まずは気軽にNTT西日本さまに相談を持ち掛けてもらえればよいかと思います。
今後、NTT西日本とどのようなビジネスを展開していこうと考えていますか。
法人のお客さまにおけるネットワークは、クラウドサービスやAI、IoT、5G等を活用することで企業を成長させるための重要な生命線となります。また、新型コロナウイルスの影響で、働き方改革が急加速しており、Web会議を実施したいがどうすればよいかわからないといったような、テレワーク関連の問い合わせも増えています。
このように多様化する社会のニーズに応えていくにはNTT西日本さまとの連携が必須だと考えており、パートナーとしてこれからもお付き合いしていきたいと思っています。そして弊社では通信キャリア各社からの商材調達と、クラウドからエンドユーザーさまの事業所内のネットワーク機器の構築運用までエンドtoエンドでマネジメントできる強みを今後も推進していきたいです。
また、先ほどお話したクラウド事業者さまのように、アライアンスを組む相手も広げていきたいと思っています。
今後も、これまでの数多くの実績と高い技術力をベースにお客さまと共に価値を創造し、期待を超えたソリューションを常にご提供し続けるICTソリューションパートナーとして、お客さまのネットワーク、システムにかかわるあらゆる課題、ご要望にお応えできるよう取り組んでまいりたいと思います。
本日はありがとうございました。

<NTT西日本 アカウント担当の声>

NTT西日本 ビジネス営業本部 スマートビジネス推進部 パートナー営業推進担当 木村茜

NTT西日本の再販パートナープログラムでは、ビジネスイーサワイド、フレッツVPNワイド、フレッツVPNプライオ等のネットワーク商材を中心に、パートナーさまと連携して再販という形でお客さまへご提供しています。
現在はテレワークの推進やクラウド普及により、お客さまのネットワークに対するニーズも多様化・高度化しています。そんな中、NTNさまはNTTグループの商材をはじめ様々な商材を組み合わせ、ネットワーク全体をトータルでご提案できる高い技術力と営業力をお持ちでいらっしゃいます。今後も地域のお客さまの様々なご要望にお応えすべく、協業により相互の強みを発揮していければと思います。

<日本通信ネットワーク株式会社(NTN) 会社概要>

日本通信ネットワークは、お客さまの情報ネットワークシステムを安心で最適にご利用頂くために、ネットワークのご提案から、設計構築、保守運用にいたる一連の業務、並びに情報通信に関する受託業務をワンストップでご提供する”トータルソリューションサービス”会社です。私どもは、長年の実績と第一線の技術力を集積したプロ集団として、最新のテクノロジーを駆使し理想なネットワークシステムをご提案いたします。お客さまに真に信頼されるパートナーとしてお役に立ちたいと考えております。

パートナーさまのお声②
NW再販によりコストと速度の両面で課題解決

三信電気株式会社
ソリューション営業本部 首都圏システムサポート部 部長 田中祐一さま
ソリューション営業本部 販売推進課 河村賢太郎さま

三信電気株式会社 ソリューション営業本部 首都圏システムサポート部 部長 田中祐一さま
三信電気さまの現在の事業内容を教えてください。
当社は大きく分けてデバイス事業とソリューション事業を展開しております。私達が担っているソリューション事業に関しては、お客さまである企業や団体のネットワーク周り等の社内インフラに対して、ICTに関わるソリューションを提供し、導入~運用保守までお手伝いすることで、社会貢献に努めております。
現部署での取組内容を教えてください。
三信電気株式会社 ソリューション営業本部 首都圏システムサポート部 部長 田中祐一さまソリューション営業本部では、ICTに関連した最新トレンド、新しい技術の取り込み、ソリューションのサービス化を実施しております。
最先端の技術を取り入れた上でお客さまニーズに落とし込み、構築やサポートまでワンストップで提案しています。
また、当社の技術部隊や運用サポートチームでは、最新トレンドやお客さまニーズを早期にキャッチアップしております。最近ですと、サブスクリプション型のサービスが挙げられます。これまでは製品の仕入れ、提案、構築、運用を一貫してサポートしてきました。それに加えて、サービスの組み合わせによってエンドユーザーさまのニーズに合うものを提案しております。
三信電気さまには認可法人での大規模ネットワークの構築をいただきました。導入前にはどんな課題がありましたか?
一番の課題はコスト削減でした。リプレイス前はインターネットVPNでつながっており、全国約200拠点をリプレイスするにあたって、コストの削減は必須でした。次に、利便性の観点からインターネット回線の輻輳による遅延の問題も存在しました。Windowsアップデート時においては使い物にならないくらい遅延が発生することもあり、実測的には1Mbps未満になることもありました。 コストと速度、この2点が大きな課題でした。
その課題に対してどう解決されましたか?
コストに関しては、エンドユーザーに対して10%ほどのコストカットが実現できました。リプレイス前はインターネットに接続するプロバイダー契約の部分でコストがかかっており、エンドユーザーさまからもコスト削減をご要望されておりました。そこでNTT西日本さまに相談させてもらい、プロジェクトの早い段階から参画していただきました。
本案件でNTT西日本を選んだポイントがありましたら教えてください。
別のキャリアにも声をかけていましたが、コストと速度の両面で解決できるプラン提示はありませんでした。また、既存システムでもフレッツを使っていたというのも大きかったと思います。また、閉域網に変えたとしても従来に比べ金額は同等以下でした。私達は、セキュリティー対策を機器で行うかサービスで行うかという問題を検討段階では全てフラットに見ており、当初回線側でセキュリティーを担保できない場合は機器でIP-Sec等のセキュリティー設定を入れるように考えていました。
そういったことから、回線認証も付帯しているNTT西日本さまのフレッツ・VPN ワイドは魅力的に映りました。
導入後エンドユーザーさまからどんな声が上がっていますか?
導入後、回線速度が劇的に改善され速度面に関して大変満足していただいております。さらに、コストも下がっているので、コストと速度の両面で大変喜んでいただくことができました。エンドユーザーさまからは、今後、拠点数も増やしていこうかという話まで出ている状況です。
また、リモートで回線の常時監視をしており、故障が発生した場合はレポートが提供されるのも安心感につながっているかと思います 。
請求面でもNTT西日本さまと当社の間にNTTファイナンスさまが入ってくれています。今までは、1回線ごとに1枚の請求書であったものが、全回線を1枚の請求書でまとめられるようになった部分でも事務面の簡略化ができております。
NTT西日本と協業して良かった点などありましたら教えてください。
構築前の現地の設備状況の把握です。構築当初からの時間の経過とともに、どういった回線が利用されているか把握しきれなかった部分もありました。最終的にはオンサイトの調査をしましたが、その前段階で机上の調査(回線IDや請求書)に協力いただけました。
あと、名義変更手続きについても、オールNTTとして協力いただきました。NTT東西様とフィナンス様の3社にプロジェクトとして担当者をアサインいただけました。これに関しては、他キャリアでは無理な部分でした。
今後NTT西日本と協業しどんなビジネス展開をしていきたいと考えていますか?
実際にこういったサービスは使ってみないと分からない面もあります。今回の事例では、速度が速くなりコストも削減されたので今後展開しやすくなると考えています。NTT西日本さまは様々なサービスを持っていると思いますので、東日本さまとも協業しながら全国的にサービス展開していきたいです。
また、NTT西日本さまの新商材も魅了的な商材が多いので、そういった商材と組み合わせた提案もできたらと考えております。
本日はありがとうございました。

<NTT西日本 アカウント担当の声>

NTT西日本 ビジネス営業本部 スマートビジネス推進部 パートナー営業推進担当 佐藤祐介

NTT西日本の再販パートナープログラムでは、ビジネスネットワーク向け商材を中心に、パートナーさまと連携して再販という形でお客さまへご提供しています。 三信電気さまは、デバイス事業とソリューション事業の2軸を中心としており、エレクトロニクスの総合商社として業界を牽引されているパートナーさまです。他案件についてもどんどんご相談いただけるよう関係を深めていければと考えています。今後も、最新トレンドを取り入れたソリューション開発など、相互の強みを発揮しエンドユーザーさまの課題解決に向け、オールNTTとして三信電気さまと併走していけるよう尽力して参ります。

<三信電気株式会社 会社概要>

当社ソリューション事業では、情報通信ネットワークを核に情報・知識の共有を目指し、お客さまのニーズに最適なシステムの提案や構築を行っております。また、導入後における運用支援や教育など用途に合わせた多種多様なサポートメニューをご用意しており、企画、提案、設計、開発、施工、運用、保守といったサービスをワンストップでご提供することで、お客さまに安心・安全なインフラをご提供いたします。また、デバイス事業においては、お客さまの多様なニーズにお応えできるよう国内外のメーカーの半導体や電子部品を多数取り揃え、技術サポートや販売ネットワーク、協業パートナーとの連携を通じてお客さまに最適な形でご提供しております。

パートナーになるまでの流れ

  1. NTT西日本へお問い合わせ
  2. NTT西日本担当者がヒアリング訪問
  3. 内容に同意し契約書・誓約書締結
  4. パートナー締結完了(約2~3カ月程度)

お問い合わせ

資料ダウンロード

【ご利用の条件(注意事項)】

  • 弊社の許可なく、掲載資料の一部または全部を、複製、複写、改変もしくは配信等をすることはできません。
  • 本サイトには、全ての補足資料、正誤表等が掲載されているわけではありません。また、掲載している資料は最新版ではない場合があります。ご利用条件等サービス内容詳細は弊社担当者へお問い合わせください。
  • 本サイトは予告なく中止または内容を変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 掲載資料はPDFファイルです。比較的容量が大きいものもあります。ダウンロードによる損害が生じても弊社は一切の責任を負いませんことをあらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

審査 21-1-1