このページの本文へ移動

ここから本文です。

スマートメーター等のIoT技術によるインフラ事業効率化

サービス概要・特長

IoT技術活用で遠隔検針・漏水検知、水道事業をスマート化します。

・水道スマートメーター、および広域無線ネットワーク(LPWA※1)を用いて流量データを遠隔収集
・クラウド上の管理システム(MDMS※2)に流量データを集約し、ビッグデータ解析実施

  • ※1 「Low Power Wide Area」の略
  • ※2 「Mater Data Management System」の略。スマートメーターデータ管理システム。
  • ※ ご利用条件等サービスの詳細については、営業担当者にお問い合わせください。

利用イメージ

<事業者>
・利用状況を遠隔かつリアルタイムに把握
・異常の遠隔検知・早期発見による復旧対応の迅速化、被害低減

<住民>
・リアルタイムな利用状況把握による節約意識の向上
・利用状況からの生活リズム把握による見守り活用

利用イメージ
  • ※1 「Low Power Wide Area」の略
  • ※2 「Mater Data Management System」の略。スマートメーターデータ管理システム。

事例動画で活用シーンをわかりやすく紹介

ページの先頭へ

審査 19-752-1