【ご利用料金が5,000円(税込)未満の場合の翌月合算について】

現在お客さまにご利用いただいております、加入電話(電話サービス)およびフレッツ光(FTTHアクセスサービス)等のご請求につきまして、平成30年11月のご請求分より、奇数請求月(1・3・5・7・9・11月)のご請求額が5,000円(税込)未満の場合は、翌月の偶数月(2・4・6・8・10・12月)に2ヵ月分まとめてご請求させていただきます。

詳しくはこちら

サンキューダイヤル0039(料金サービス)

ご家庭や会社でお使いの電話から携帯電話・PHSへかけるとき、電話番号の前に「0039(NTT西日本の事業者識別番号)」をつけてダイヤルすると、これまでよりおトクな料金でご利用いただけます。

ご利用シーン

外出中の家族に

サンキューダイヤル0039利用シーン図

出先の社員に

サンキューダイヤル0039利用シーン図

お友達やご親戚の携帯電話・PHSに

サンキューダイヤル0039利用シーン図

便利なご利用方法

お使いの電話機の「携帯通話設定機能」、もしくは「ワンタッチボタン・短縮登録機能」に「0039」をご登録いただくと便利にご利用頂けます。

電話機の機種によっては設定機能がない場合がございます。詳しくは電話機購入店および製造メーカーにお問い合わせください。

お使いの電話機に「携帯通話設定機能」がある場合

あらかじめ設定しておけば、携帯電話・PHSにかける際に自動的に前に「0039」を付与するので、押し忘れがなく便利です。

設定方法については電話機の取扱説明書をご確認ください。

「携帯通話設定機能」がなく、「ワンタッチボタン・短縮登録機能」がある場合

いつもかける携帯電話・PHSの電話番号が決まっているなら、ワンタッチボタンや短縮登録に全桁の電話番号を登録したり

サンキューダイヤル0039利用シーン図

「0039」の番号だけワンタッチボタンや短縮登録に設定しておくと便利にご利用いただけます。

サンキューダイヤル0039利用シーン図

企業でPBX・ビジネスホン等をご利用の場合

携帯電話・PHSへの発信の際、自動的に「0039」を付与する設定が可能です。

  • PBXとは内線どうしの接続や加入電話網・ISDN回線などの公衆回線への接続を行う機器のことです。
  • PBXの機種によっては設定変更できない場合があります。詳しくは通信機器購入店および製造メーカーへお問い合わせください。
  • PBXへの設定変更には、別途設定費用がかかる場合があります。

ページの先頭へ戻る

審査 18-1856-1