Bizひかりクラウド コミュニティ 証明書発行サービス

Bizひかりクラウド コミュニティ 証明書発行サービス

導入実績はこちら

Bizひかりクラウドコミュニティ証明書発行サービスとは

本サービスを導入いただいた大学の在学生、卒業生(以下、利用者)が、キャンパス内端末や窓口で発行されている各種証明書※1を、コンビニエンスストア※2や学内に設置した専用の学内発行機※3で発行・取得でき、かつ証明書の郵送依頼がオンラインで可能※4となるサービスです。

  • ※1 各種証明書とは、卒業(見込)証明書、成績証明書や健康診断証明書等です。
  • ※2 本サービスが利用可能なコンビニエンスストアについて
    ・富士ゼロックス株式会社の「ネットプリント」に対応したマルチコピー機が設置された「セブン-イレブン」およびシャープ株式会社の「ネットワークプリントサービス」に対応したマルチコピー機が設置されている「サークルK」「サンクス」「ファミリーマート」「ローソン」(50音順)の店舗、約50,000店(2018年2月末現在)。
    *「ネットプリント」は富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
  • ※3 学内発行機連携はオプションサービスです。証明書発行手数料は交通系ICカード・生協電子マネーでも支払可能です。
  • ※4 発行・郵送は大学様で実施していただきます。利用者様は別途郵送料等が必要となります。

サービスの特長

特長1 サービス利用者(在学生/卒業生等)の利便性向上
24時間365日※5身近なコンビニエンスストアで発行を行うことができるため、大学所在地と離れたエリアでの就職活動等においても、容易に各種証明書を入手することができるようになります。
特長2 サービス契約・導入者(大学等)の窓口業務・運用費用負担軽減
  • ・証明書発行にかかる窓口での業務負担を軽減します。
  • ・キャンパス内の証明書発行機の台数削減、運用管理等のコスト低減化が期待できます。
  • ・大学は、オンラインカード決済またはコンビニ窓口支払いで収納された証明書発行手数料※6をまとめて受けとることができ、現金収納にかかる手間が軽減されます。
  • ・証明書発行に必要なデータが、震度7レベルに耐えうる堅牢な耐震設計、二重床構造による高い空調効率、無停電電源装置等、高品質のファシリティーを完備しているデータセンターに保管されるため、地震等の災害で大学が被害にあっても、データセンターの通信環境が止まる可能性は低く、証明書発行業務を止めずに※7運用できるのでBCP対策にも有効です。
  • ※5 発行できる時間はコンビニエンスストアの営業時間に従います。
  • ※6 発行手数料および手数料の支払い方法は、大学により異なります。各種支払方法の提供にあたっては、本サービスに対応した事業者と別途契約が必要です。また、コンビニ窓口支払いが可能なコンビニエンスストアは、「サークルK」「サンクス」「ファミリーマート」「ローソン」です。
  • ※7 本サービスへのアクセス方法等、大学側のネットワークや環境変更が必要な場合があります。クラウド版のみ対象となります。

サービスイメージ

Bizひかりクラウド コミュニティ 証明書発行サービス 利用イメージ
  • 注1 大学情報システム(認証システム、教務システム等)との連携は個別にご相談ください。
  • 注2 SINETはNII(国立情報学研究所)が運用する学術情報ネットワークです。
  • 注3 サービスのご利用にあたっては、別途、「フレッツ 光ネクスト」等のFTTHアクセスサービス及び、プロバイダーとのご契約、料金が必要です。
    フレッツ光のサービス提供エリアであっても、利用できない場合があります。エリアについてはお問い合わせいただくか、[http://flets-w.com/]をご確認ください。
  • 注4 発行手数料および手数料の支払い方法は、大学により異なります。各種支払方法の提供にあたっては、本サービスに対応した事業者と別途契約が必要です。また、コンビニ窓口支払いが可能なコンビニエンスストアは、「サークルK」「サンクス」「ファミリーマート」「ローソン」です。学内発行機連携オプションをご利用の際は、交通系ICカード、生協電子マネーの対応も可能です。
  • 注5 学内発行機連携はオプションサービスです。証明書発行手数料は交通系ICカード・生協電子マネーでも支払可能です。

販売価格

初期費用、サービス利用料:個別にお見積いたします。

* サービス提供方法は、お客さまの環境やニーズにあわせてお選びいただけるよう、クラウド版、オンプレミス版(お客さま側に本機能の一部を提供するサーバーを設置・運営する形態)の2種類を準備しております。

導入実績

証明書発行サービスをご利用頂いている大学様です。(導入校順。平成30年6月30日現在)

導入事例

▼学校法人 近畿大学様

「学生のサービス向上をめざし従来の常識を打ち破るサービスを提供」

  • コンビニ発行

学校法人 近畿大学様学生サービスとICTはもう切り離せない関係になっています。これからの学生サービスは今回の証明書発行と同様にスマートフォン対応で24時間365日、いつでもどこでも使えるものであるべきだと考えています。コンビニでの証明書発行についても、NTT西日本が開発した画期的なサービスによって「実はこんなに簡単に実現できる」ということが明らかになったので、今後大学業界のスタンダードになっていくと思っています。
現在、「各種証明書コンビニ発行サービス」を活用した、卒業生との関係強化を模索しています。このサービスの初回利用時には本人確認のために個人情報を入力してもらうので、併せて同窓会への登録も促すような仕組みを整え、卒業生向けのサービス向上のさらなる拡充にも繋げていきたいと考えています。


▼学校法人 京都産業大学様

「導入1年目から多くの学生が就職活動や、転職活動等で利用」

  • コンビニ発行

学校法人 京都産業大学様京都産業大学は、全国47都道府県から学生が集まっており、政府が示している地方創生を後押しするために、14県と就職に関する連携協定を締結(平成30年3月1日現在)しています。例えば、在学生が多い東海・北陸・中四国地方で合同企業説明会を企画し、無料バスを出してUIJターン就職を促進する本学独自の就職支援を行っています。
学生が地元で就職活動を行う際に、近所のコンビニエンスストアで、「成績証明書」「健康診断証明書」「在学証明書」等を受け取ることができるのはとても便利なため、導入1年目から多くの学生が利用しています。学生からは「帰省している時に必要になっても、すぐに対応できるので助かる」「大学まで取りに行く時間と交通費を考えると、発行手数料は気にならない」と好評です。
また、全国に約14万人の卒業生がおり、転職活動や大学院等への進学などで必要になった際にも便利なことから、非常に喜ばれています。


▼学校法人 中央大学様

「学生・卒業生・職員すべてにメリットを実感」

  • コンビニ発行

学校法人 中央大学様これまで本学では、在学生の証明書発行はキャンパス内の自動発行機、卒業生は事務室の窓口もしくは郵送で受付をしていました。
在学生にとっては、発行機の稼働時間外に発行できない、新学期には混雑で行列ができる等といった多くの制約・問題がありました。また、卒業生の証明書発行ニーズは年々増加していますが、開室時間内に窓口に来室するのが難しかったり、郵送での申請は手間がかかったりと卒業生・職員側双方の負担となっていました。これらの課題を解決するため、NTT西日本の「コンビニエンスストア証明書発行サービス」を導入し、2017年10月に運用を開始。在学生・卒業生ともに時間や場所にとらわれずに証明書発行が可能になりました。さらに、職員の業務負担も軽減することができました。今後は同サービスで利用できる証明書の種類を拡充し、さらなるサービス向上に努めていきたいと考えております。


▼学校法人 武庫川学院様

「全ての在学生と卒業生への支援の一環として」

  • コンビニ発行

学校法人 武庫川学院様本学は、2018年2月15日より証明書発行サービスを活用しております。在学生はもちろん全ての卒業生の方々に同サービスを利用していただきたく、「コンビニ発行」のみならずオンラインで「郵送申請」もできるようサービス導入を依頼しました。それにより、国内はもとより海外からもオンラインで証明書を申込み、「郵送」で受け取ることができるようになりました。以前、1枚の証明書を入手するために新幹線で来学した卒業生もおり、今、いつでも、どこでも、最短数分で発行できる同サービスは、証明書発行のスピード化と手続きの負担軽減を実現し、在学生・卒業生から高い評価を得ております。


▼追手門学院大学様

「スピーディーな学生サービスを提供」

  • コンビニ発行

追手門学院大学様学生・卒業生の活動はますます多様化しています。学生・卒業生の様々なニーズに対応するため、大学が提供している各種サービスのオンデマンド化は早急に対応しなければならない課題であると考えています。
特に、卒業証明書、在学証明書、成績証明書の各種証明書は、学生・卒業生が活動するうえで必要とされることが多いにも関わらず、その発行申込みから受け取りまでに生じる時間的・地理的制約の解決は急務でした。
本学は、2018年4月からコンビニ証明書発行サービスの提供を開始しました。これにより、導入直後に発生した自然災害時においても各種証明書の発行を遅滞させることなく対応できました。同サービスは学生・卒業生に利便性の向上をもたらしました。また、導入までの時間や手間を抑えただけでなく、窓口業務の負担軽減にもつながりました。


▼千葉工業大学様

「全学生に貸与しているiPadを活用し、学内でも同様のサービスで証明書発行が可能に」

  • コンビニ発行
  • 学内発行機連携

千葉工業大学様本学は、コンビニだけではなく、大学キャンパス内でも同じ仕組みで証明書を発行できるよう「証明書発行サービス」と連携した発行機も導入しました。既にICT教育の充実を目指して全学生にiPadを貸与しているため,新たな証明書発行サービスに戸惑うこともなく、サービス導入当初から多くの学生が利用しています。また、コンビニ発行枚数やWebでの事前申請になることを考慮し、発行機の設置台数を従来の台数から削減しましたが、操作も簡単でスムーズに印刷できるため、証明書の発行枚数がピークとなる新学期も問題なく迎えることができました。このサービスの導入により、学生の発行シーンは大きく拡充され、利用が進んでいることから、当初の導入目的の一つを果たすことができたと考えています。更に現金による発行手数料の決済がなくなったことで、職員の業務負担も軽減することができました。また、従来と比べ短時間且つ大学以外の場所で証明書を発行できるため全国の卒業生からも喜ばれています。


  • ※iPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
PAGE TOP

審査 18-852-1