【ご利用料金が5,000円(税込)未満の場合の翌月合算について】

現在お客さまにご利用いただいております、加入電話(電話サービス)およびフレッツ光(FTTHアクセスサービス)等のご請求につきまして、平成30年11月のご請求分より、奇数請求月(1・3・5・7・9・11月)のご請求額が5,000円(税込)未満の場合は、翌月の偶数月(2・4・6・8・10・12月)に2ヵ月分まとめてご請求させていただきます。

詳しくはこちら

ナンバーお知らせ136(オプション)

ナンバーお知らせ136」とは事前のお申し込み不要で、ご利用になりたい時に最後にかかってきた相手の方の電話番号などを、音声でお知らせするサービスです。

ご利用条件

  1. ご利用いただけるのは加入電話(電話サービス)(ただしピンク電話を除く)をご契約いただいているお客さまに限ります。INSネット(総合デジタル通信サービス)ではご利用になれません。
  2. 一部ご利用いただけない地域があります。
  3. ダイヤルインサービス(オプション)、ノーリンギング通信サービス(センター側)、トーキー案内装置、メンバーズネット(オプション) *(オンネット利用時)、テレゴング(オプション) *、テレドーム(オプション) *などをご契約のお客さまはご利用になれません。
  4. ナンバー・アナウンス(オプション)をご契約のお客さまは、定額制でのご利用になります。(ナンバーお知らせ136はご利用になれません)
  • * については、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社が提供する商品です。

利用規制のご案内

お客さまのお申し込みにより、ナンバーお知らせ136のご利用をできなくすること(利用規制)が可能です。利用規制の工事費および月額使用料はかかりません。
利用規制のお申し込みは「116」へお電話ください。

ご利用上の注意

  1. INSネット、ディジタル方式の自動車電話・携帯電話、PHS、中継系電話会社および、地域系電話会社(一部除く)から発信された通話もお知らせの対象となります。
  2. 着信があったあと「136」に続けて「1」をダイヤルした時点でご利用料金がかかります。
  3. 一度お聞きになった記録を再度お聞きになる場合、新たにご利用料金はかかりません。
  4. ご利用料金は1か月の合計額を、ダイヤル通話料等に加えて毎月の請求書でご請求いたします。
  5. 情報機器(PBX、ビジネスフォンなど)の機種および、その設定によっては、「136」をダイヤルできない場合、発信規制機能、料金管理機能、ACR機能などが働かなくなる場合がありますので、各メーカーもしくは中継系電話会社などへお問合わせください。
  6. サービスのご利用にあたっては、郵政省の定める「発信者情報通知サービス利用における個人情報の保護に関するガイドライン」を遵守して下さい。

ページの先頭へ戻る

審査 18-1856-1