【ご利用料金が5,000円(税込)未満の場合の翌月合算について】

現在お客さまにご利用いただいております、加入電話(電話サービス)およびフレッツ光(FTTHアクセスサービス)等のご請求につきまして、平成30年11月のご請求分より、奇数請求月(1・3・5・7・9・11月)のご請求額が5,000円(税込)未満の場合は、翌月の偶数月(2・4・6・8・10・12月)に2ヵ月分まとめてご請求させていただきます。

詳しくはこちら

INSネット1500(総合デジタル通信サービス)

INSネット1500は、ディジタルPBXなどと組み合わせて利用することで、経済的な企業通信システムの実現に貢献します。

概要

INSネット1500は、ディジタルPBXなどと組み合わせて利用することで、経済的な企業通信システムの実現に貢献します。

INSネット1500の特徴

加入電話23回線相当分が利用できる。

図:電話23回線分が同時に使える

INSネット1500では、1回線が加入電話23回線分に相当します。主に企業等、複数の加入電話回線や大容量通信を必要とする場合にPBX等と組み合わせて利用できます。

加入電話24回線相当の利用も可能

図:加入電話24回線相当の利用も可能

INSネット1500では、他のINSネット64(総合デジタル通信サービス)かINSネット1500のDチャンネル〔情報チャンネル(=Bチャンネル)の設定情報等を伝送するチャンネル〕を共用することにより、最大で加入電話24回線相当分の利用が可能です。

INSネット1500を導入するメリット

図:INSネット1500を導入するメリット

INSネット1500は光ファイバーを用いた電話サービスです。INSネット1500の1契約者回線は加入電話回線の23回線分にあたります。また、他のINSネット64かINSネット1500のDチャンネル〔情報チャンネル(=Bチャンネル)の設定情報等を伝送するチャンネル〕を共用することで、加入電話の24回線相当の利用が可能です。さらに、INSネット1500は、加入電話23回線もしくは、24回線分に相当する情報チャンネル(1回線相当分=1Bチャンネル)を束ねて利用することでデータ通信を行うことができます。
例えば、インバースマックスという機能に対応したターミナルアダプター(TA)を利用することで384kbit/s(6Bチャンネルを束ねた場合)もしくは、1536kbit/s(24Bチャンネルを束ねた場合)のデータ通信が可能です。 

    ページの先頭へ戻る

    審査 18-1856-1